|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

22スレ目そのさん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじ

狂が俺に得物捕られる

狂が放浪する

狂が殺す

狂帰還

ヴァ「………。貴様のやった事を全て話せ」
女「……はぁ?」
ヴァ「今回やった事を、洗いざらい」
女「何でよ」
ヴァ「さもなくば殺す」
女「だからさ……死なないって。アンタも私も」
ヴァ「甘く見るな。再起不能に追い込む事は出来る」
女「ははあ、凄いね……伊達に私なんかより数千倍長生きしてる訳じゃ無いんだね」
ヴァ「…………」
女「睨むなよオバサン」
ヴァ「…………」
女「まあ、良いわよ。話せる範囲で話すわ。
最初に言っとくけど、私は今回、原因には関わってないからね。それは私以前の話だから。
私がまず、最初にやったのは事前調査。アンタ達二人の事も調べたわ。中々ドロドロしてるじゃない、アンタのクラス」
男「ええ、まあ………」
女「それで、アンタの彼女、じゃなかった、男?その彼をちょっと、けしかけたの」
男「え?」
女「あの娘に、影響を与えるように上手くね」

男「…………」
女「あの娘に影響を与える、それが目的。ではそれは何の為だったか。決まってる。過去の清算の為よ」
ヴァ「…………」
女「ただ、彼女の得物を奪われたのは計算外だった………つーか、そっからどんどんおかしくなっちゃったのよねぇ…………ああヤダヤダ」
ヴァ「………貴様」
女「結局さぁ、その後あの娘を連れだした事以外は全然軌道に乗ってないの」
ヴァ「…………」
女「正直あの娘がどっちに転ぶか私にも分からない。ごめんね」
ヴァ「!」

ガキィ!

女「うわっ……ちょっと、止めてくれない?腕が飛ぶかと思ったじゃない」
ヴァ「黙れ!」
女「……でさ、今私が生かしておきたいのはあの娘と、その噂の美少年、あの二人だけって事」