|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

優と脇谷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

優と脇谷

脇谷「よし、今日こそはお弁当を男に渡す!情報によると今日はツンちゃんが風邪でお休みらしいから、お弁当枠がひとつ空くはず」
脇谷「不謹慎だけどこれはかつて無いチャンス!…あとでツンちゃんに謝っておこう」

脇谷「えーと、いつもはこっちのほうで…ん?優ちゃんどうしたの?」
優「あ、脇谷さん~」
脇谷「あれ?いつものお弁当は?」
優「えへへ~、犬さんがおなかすかせてたからあげちゃったんだよ~」
脇谷「ふふw優ちゃんらしいねw」
優「えへへ~、照れるんだよ~」
脇谷「ん~、それじゃそんな優しい優ちゃんに脇谷お姉さんがプレゼントだ!」
優「え?でも、このお弁当は脇谷さんが男君にあげるのに作ったものだなんだよ~?うけとれないんだよ~」
脇谷「いいのいいのwまだ渡してないんだから、これは私のお弁当、だから誰にあげるかも私の勝手!違うかな?」
優「違わないんだよ~…でも、本当にいいの~?」
脇谷「私がいいって言ってるのに、他に誰の了承がいるのかな?w」
優「う~、脇谷さんはずるいんだよ~」
脇谷「そ、私はずるくてワガママなの。だから素直に受け取っちゃいなさいw」
優「えへへ~、ありがとうだよ~」
脇谷「どういたしまして、ついでに一緒にお昼食べよ!」
優「もちろんだよ~」

優「脇谷さんのお弁当とっても美味しいんだよ~」
脇谷「ありがとw でもまだまだクーちゃんやツンちゃんには敵わないけどねw」
優「そんなことないんだよ~、この肉じゃがなんて味が染みてて冷めてもホクホクなんだよ~」
脇谷「お、さすが優ちゃん、いいとこに目をつけたね」
優「?」
脇谷「…肉じゃがはね、男の大好物なの。だからこれだけは誰にも負けないように必死で研究したんだ」
優「…そうなんだ~。よかったら、作り方教えてほしいんだよ~」
脇谷「だーめ!これは企業秘密なのw」
優「う~、残念なんだよ~」
脇谷「ふふwじゃあ、ヒントだけ教えてあげる。「金串」これがポイント」
優「金串?」
脇谷「あとはそのジャガイモをよく見ればわかると思うよw」
優「むぅ…よくわからなんだよ~」
脇谷「あとは自分で考えなさいw」
優「わかったんだよ~」

優「ごちそうさまなんだよ~」
脇谷「はい、お粗末さまでした」
優「…脇谷さん、聞きたいことがあるんだよ~」
脇谷「ん?なになに?」
優「脇谷さんは男くんのこと誰よりも好きなのに、どうして男くんと他の子の中を応援したりするの~?」
脇谷「…ん~、優ちゃんはさ、『自分のことを女として見てもらえる代わりに失恋して、その後友達としてもぎくしゃくする』
   のと、『女としては見てもらえないけど、ずっと一緒にいられる』のと、どっちがいい?」
優「え…」
脇谷「私には見えちゃうんだよ。男が今誰を見てるのか…誰を見てないのかが」
優「…そんなの、ただの言い訳なんだよ~」
脇谷「優ちゃんから見たら、確かにそうかもしれないね」
優「…どうしてなんだよ~?」
脇谷「10年も見てたら…やっぱりわかっちゃうんだよ」
優「…でも、やっぱり言い訳なんだよ~」
脇谷「玉砕前提で特攻して失敗して、それで決着つけられるほど私の想いは軽くないよ」
優「で、でも!このままじゃ本当に男くんを誰かに取られちゃうんだよ~!」
脇谷「男が誰を見てたって構わない。男が誰を好きだって構わない。男が誰と付き合っててもかまわない」
優「……」
脇谷「ただの友達で構わない。女として見られなくても構わない」
優「……」
脇谷「でも、最後に男の隣にいるのは私。そのために何年かかったってかまわない。私はそう決めたの」
優「……」
脇谷「優ちゃん、これが私だよ」
優「…敵わないんだよ~」


キーンコーンカーンコーン

脇谷「っと、もう予鈴か。戻ろっかw」
優「うん、そうするんだよ~」
脇谷「あ、そうそう」
優「何~?」
脇谷「男は優ちゃんのこともちゃんと見てるよ」
優「!」
脇谷「だから、頑張って」
優「…本当に敵わないんだよ~」
脇谷「ふふんwこの手の事なら私のほうが先輩なのよ?」
優「そういえばそうだったんだよ~」
脇谷「…優ちゃんも悩んでたんでしょ?自分がしてることのジレンマに」
優「…えへへ~」
脇谷「辛かったり悩んでたりする時は、今みたいにみんなに相談すること。
   なんとかしてくれるよ?みんな優ちゃんのこと大好きなんだから。
   それに…私でよかったら、愚痴くらいいつでも聞くからさ」
優「…うん、ありがとうなんだよ~」
脇谷「どういたしましてw」

優「あ、ひとつ言い忘れてたんだよ~」
脇谷「え?何?」
優「えーと、『質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?』なんだよ~」
脇谷「ぷ、あはははははははw」
優「おやくそくはちゃんとやっておかないとだめなんだよ~」
脇谷「その通りだねw」