2chレイソルスレッドまとめ@Wiki 用語A~Z

A~Z


AA :
アスキーアートのこと。たとえばこんなのとか↓

┃   ┏━┃              ┃┃
━┏┛ ┏━┃ ━━(゚∀゚)━━┛ ┃┃
━┏┛ ┛  ┃              ┛┛
┛       ┛              ┛┛
つ[ 参照:AA大辞典(仮)]

A・C・L! :
単語としてのACLはアジアチャンピオンズリーグを指すが、試合終了後にサポーターが選手へACLを意識させる為に行うコール。以下の2つの意味合いがある。
1)天皇杯など、ACL出場権がかかった試合での気合入れ。
2)ACL直前のリーグ戦で不甲斐ない結果に終わった際、切り替えて次に臨もうという意味。サポーター自身の切り替えの意味もある。

ACL煽りV :
ShindowsPictures さんにより 2012 年及び 2013 年に Youtube へ投稿された非公式プロモーション映像。職人技が光る。
柏レイソル ACL 2012 煽りV http://www.youtube.com/watch?v=hAj3HxVAPIM
柏レイソル ACL 2013 煽りV http://www.youtube.com/watch?v=XazGpVQmJ38
柏レイソル ACL 2013 【ノックアウトステージ編】 煽りV http://www.youtube.com/watch?v=59vSu83ZR3w

AFLAC :
スポンサー様。たまにイメージキャラクターのアヒルも日立台に登場する。

AL :
バックスタンドアウェイ寄り指定席のこと。まったり応援するも良し、しないも良し、日立台ビギナー向けの席。相手側ゴール裏の応援につられてしまいがちなのは難点。

AR :
バックスタンドホーム寄り指定席のこと。熱く激しくガチ。興奮してたっちゃう人が多い。ゆったり観戦したい人は、もっと高い席を購入した方が良い。

Born in the USA :
選手入場時のチャント。「オー オオオオーオー」と歌われる。 元ネタはブルース・スプリングスティーンの楽曲だが、元曲の原型はほぼ留めていない。

CBC:
ちばぎんカップの略(?) こう書けば不思議と世界三大カップらしい格調高さが醸し出されたようにみえるが、単なるローカルダービーです。

CWC:
FIFAクラブワールドカップの略。レイソルは2011年に開催国チャンピオン枠で出場。この大会に再度出場することがチームの大目標。

HITACHI :
Inspire the Next。我らが大スポンサー様。

IJ :
伊東 純也のこと。先輩のTJ同様に普及するかどうか。

J.B.Antenna :
マリノスサポである横浜刹那主義というBLOGの管理人さんが作った、Jクラブ応援BLOG更新通知サイト。
つ[ 参照:J.B.Antenna]

KAMO :
サッカーショップKAMO。 柏駅前丸井そばにある柏店はレイソルグッズを通年で販売している数少ない店舗のひとつ。黄色いKAMOの袋はライトファン層を中心に人気があり、ある種のステイタスともいえる。

Kashima Reysol :
鹿島レイソル。実在しないがブラジルでは有名なクラブ。ジーコが育て、レオナルドやベベット、カレッカが所属し、最近ではエジウソンやドゥドゥが活躍したクラブである。要するに鹿島アントラーズと柏レイソルの区別がついていない外国人がごっちゃにしているときに出てくる名前。新外国人獲得の報の時によく出てきて、サポは正式発表まで鹿島なのか柏なのかヤキモキすることが多い。最近ではジョルジワグネルが交渉中のチームとしてヤキモキさせられた。(結果、鹿島に入団)

KASHIWA CIVIC PRIDE GATE :
「日立台グラウンドに入場ゲートを建設する柏市民の会」によって、サポーター募金を基に日立台に設けられた入場ゲート。ホーム側入口。

KFJ :
柏フットボールジャーナル。鈴木潤氏が執筆している有料Webマガジン。選手と近い距離での取材活動からレイソルの動向を伝える。

LED旗振り君 :
2011年の日立台開幕戦にあたりスカウトされた、普段は工事現場で活躍する彼。レンタル料3日間57,000円。前年にはJ2をも席巻したネタ応援全盛期を象徴する出し物のひとつ。
つ[ 参照:柏レイソル 柏バカ一代 vs 清水エスパルス @日立台 5th Mar 2011]

Mother Fucker :
07年8月3日、夏祭り2007で自ら移籍を発表した岡山一成に対してフランサが送った親愛の言葉。
フランサが好きなHIP HOPスラングで“最上級の親友”を表す。この言葉を含むメッセージを32番のユニフォームにフランサは記した。岡山が(一時的とはいえ)チームを去る悲しさと、フランサの優しさが相まって、多くのサポが涙した。
このメッセージが記されたユニフォームの写真は、マネージャー拓ちゃんのblogに詳細が記されている。
なお、フランサが岡山へ送ったメッセージの原文は以下の通り。
To Okayama
Good Luck
Mother Fucker
My Man
Magic
FRANCA

MORE :
1) 2015年スローガン。吉田達磨体制が1年で瓦解した為、どのあたりがMoreなのかはわからずじまい。
2) 千葉県印西市にあるショッピングモール、牧の原モア。レイソルのスポンサーで、試合開催日は店舗でテレビ中継を流してくれる。

Praid of ○○ :
元ネタは浦和サポの女の子が試合中に掲げていた
「Praid of 啓太」
という気合いの入ったフラッグ。それが掲揚されている写真が一部マスコミに載ったことから「釣りか?」「さいたま語か?」と騒然となった。もともと多くのゴール裏で段幕なり個人のゲームフラッグなりで「pride of ○○」という文字がよく出るので、その都度、ネタとして「Praid of ○○」とレスがされるようになった。

RYKN:
レイケン。レイソルのゴール裏にいるコアサポーター団体。

SADA:
レイソルをはじめとするスポーツチームのスーツサプライヤーであるスーツ専門店、オーダースーツSADAを指す。スタジアム入場時に貰うチラシの中によくSADAの広告がある。

SS:
メインスタンド中央の最上級席。シャム猫を抱いてワイン片手に観戦する貴婦人が居るとされる。価格に比例して平均年齢層は高い。選手関係者や父兄・家族がいることも。

TJ :
田中順也のこと。2009年に強化指定選手としてやってきて、翌2010年から正式に加入。苦しい台所事情の中、就任直後のネルシーニョに抜擢され、いきなり出番をもらい活躍。J2、J1連続制覇はじめタイトル獲得へ貢献。2014年にはポルトガルの名門スポルティング・リスボンへ移籍。Jリーグを見ない海外サッカーファンや代表ファンからも TJ の呼び名が認知され始めている。
セレッソ大阪の南野らしきプライベート写真の流出で南野が未成年飲酒疑惑をもたれた時、とあるセレ女から「みんな落ちついてよこれ拓実じゃないってばw 似てるように加工されてるだけだよ、信じようよ私は思うけどこれ、柏レイソルのTJでしょ?絶対そうよ」と、思わぬとばっちりを受けたことも。

UNIAO :
ウニオン。(ウニオァン)。ポルトガル語で一体感といった意味合い。2008年のスローガン。

UNIDOS SOMOS FORTES :
ウニードス ソーモス フォルテス。ポルトガル語で一致団結、一心同体といった意味合い。2016年のスローガン。

We will rock you :
キックオフ直後のチャント。「We are reysol get up ×× get up ×× (× は拍手)」 元ネタはクイーンの同曲。

Wレアンドロ:
2014年シーズンに実現した、レアンドロ・ドミンゲスとレアンドロ・モンテーラの揃い踏み。どちらもレアンドロなので実況泣かせであろうことは想像に難くない。登録名は先にいたレドミ(ニーヤン)のほうがレアンドロ・ドミンゲス、新加入したフォワードのほうがレアンドロを名乗ることになった。同シーズンには徳島にレドミの実弟クレイトン・ドミンゲスが加入し、更にカオスな状態へ。ニーヤンは名古屋へ、クレイトンは岐阜へ去った為、WレアンドロとWドミンゲスの時代は半年と続かず終了。

YAZAWA :
柏で YAZAWA といえば当然ファンタジスタ柏バカの彼。(選手欄参照)

YONEX:
柏レイソルのユニフォームサプライヤーである日本のスポーツメーカー、ヨネックスを指す。同社はテニスやゴルフ用品、ランニングウェアなどが主分野であり、サッカー関連は珍しい。


「わ」行