※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「美しき蹴撃のイリュージョン」

BAR「イリュージョン」のマスター。格闘スタイルはムエタイ。「龍虎の拳」シリーズより出演。
女性格闘家チームのリーダー格。
崩し及びノーゲージでの切り返しは心許ないが、通常技や飛び道具ベノムストライクは優秀で牽制能力が高め。
丁寧な牽制と立ち回りで画面を支配し、冷静に相手の隙を伺おう。

+紹介動画

紹介動画


+コマンド表

コマンド表

コマンドはキャラクターが右向きの場合
アイコンの意味は以下の通りです。
:EX対応  :スーパーキャンセル  :ドライブキャンセル  :MAXキャンセル
:近距離で  :空中近距離で  :空中で  :空中可
:連打  :連打可  :溜め  :押し続ける  :4秒以上押して離す
種別 EX SC DC MC 技名 コマンド
通常投げ - - - - フックバスター
特殊技 - - - - スライディング
必殺技 (地上) - - ベノムストライク   
- トラップショット
- - トルネードキック'95
超必殺技 - - サプライズローズ
- - - - ダブルストライク
NEOMAX超必殺技 - - - - ベノムショット   


+連続技

連続技

アイコンの意味は以下の通りです。
:スーパーキャンセル  :ドライブキャンセル  :MAXキャンセル
:ハイパードライブ発動  :ハイパードライブキャンセル

主力連続技

1 屈弱K 屈弱K 立弱K スライディング ベノムストライク
コメント 下段始動の基本コンボ。
備考 ベノムストライクがトラップショットに化ける場合は2369で出すと良い。
2 ジャンプ強K 近強P スライディング 弱トルネードキック 遠強P
コメント ノーゲージの威力重視コンボ。
備考 3強K遅めキャンセルから弱トルネードを出すと遠強Pで追い打ちが可能になる。相手が画面端ならば遠強Pでなくトラップショットで追い打ちすること。どうしても中央で安定しない場合は追い打ちを狙わず、3強K>強トルネードで妥協してもOK。
3 屈弱K 屈弱K 立弱K スライディング トラップショット 弱トルネードキック 強トルネードキック
コメント ドライブゲージ50%使用コンボ。
備考 パワーゲージの回収能力に優れたコンボで相手の体力の約3割を奪う。トラップショットは3強K遅めキャンセルから出すこと。相手が画面端ならばトラップショットの前に弱トルネードを挟める。
4 近強K スライディング EXベノムストライク 強トルネードキック
コメント パワーゲージ1本使用コンボ。
備考 相手の体力の約3割を奪う。技の繋ぎに難しいところがないのでミスをすることがない。相手が画面端ならば強トルネードの前に弱ベノムを挟める。
5 ジャンプ強K 近強P スライディング 強トルネードキック EXサプライズローズ
コメント 相手画面端限定のパワーゲージ2本使用コンボ。
備考 相手の体力の約5割を奪う。中央の場合は強トルネードを抜くと繋がる。

その他の連続技(自由記述欄)

  • 屈弱K>屈弱K>立弱K>スライディング>強トルネードキック
  • 近強P>スライディング>強トルネードキック>DCEX空中ベノムストライク>強ダブルストライク
  • 近強P>スライディング>発動>近強P>スライディング>強トルネードキック>HDC弱空中ベノムストライク>[トラップショット>HDC弱トルネードキック]×3>サプライズローズ
  • (EX以外)トルネードキック>ネオマックス超必殺技
  • (画面端背負い時)EXトラップショット>DC強ベノムストライク>SCEXサプライズローズ(強ベノムストライクを抜かしても可能)
  • スライディング>キャンセル発動>ディレイジャンプ強K>キャンセルネオマックス超必殺技(2ゲージ:617ダメージ)

+基本戦術

基本戦術

地上だけでなく空中でも飛び道具が撃てるので遠距離戦だけで相手を封殺できるように感じるかもしれないが、実際はベノムはヒット&ガード共に相手側のパワーゲージの方が増える仕様なので、遠距離戦のみでいこうとすると最終的にジリ貧になってしまう。遠距離からのベノムを布石に近づきダメージを奪っていく必要がある。ゲージの使用量と火力が比例していかず、一撃で状況をひっくり返す能力に欠けるので順番適性は先鋒だと思われる。攻守ともにパワーゲージに依存しがちなタイプでドライブゲージは若干余り気味。なので中堅にドライブゲージのみでも火力を出せるキャラを持ってくると、チームとしてのゲージ効率が良くなる事が多い。

【遠距離】
ベノムストライク、空中ベノムストライクを基本に戦いを組みたてていく。ベノムはただやみくもに撃つのではなく、相手の様子を見る行動を交えながら撃つ。遠めの距離からJ攻撃で一気に距離をつめてくるのが見えた場合は、EXトルネード、ダッシュ遠強P、スライディングなどで落とす事。ゲージ増加効果を狙ってガードしがちな相手の場合は、弱ベノムを盾にしながら距離をつめて攻めると良い。ベノムにあわせて飛び道具を撃ってくる相手には貫通効果のあるEXベノムを撃つ。空中ベノムは相手の動きに合わせて撃つのではなく、地上ベノムで焦れた相手が動きそうな時に置いておく感じで使う。自分が端を背負ってなければ低空で強空中ベノムを撃つ事で距離を引き離しながら飛び道具での牽制ができる。地上空中を問わず撃つタイミングが単調にならないように心がけたい。あとこのゲームは飛び道具を見てから潰せるゲージ技が多いので、相手がゲージを多く持ってる場合はその辺にも注意する事。

【中距離】
中J攻撃からの攻めが怖いのでベノムはあまり使えない。発生の早い遠強Pをダッシュから出したり、遠強Pより出は遅いがリーチの長い遠強Kで相手の動きを止めるようにして戦っていく。ただし遠強P、遠強K共に足元を狙われると弱い。その弱さを見越して屈強Kなどの下段を差し込んでくる相手にはふっ飛ばしが有効で、相手の下段をすかしつつ攻撃を当てる事が出来る。ふっ飛ばしは遠強P遠強Kと違いキャンセルがかかるので、単発で止めたりキャンセルベノムを撃ったりする事で攻撃のリズムを変えていける。離れた距離から狙える単発のスライディング>ベノムの連係も有効だが、この距離でのスライディングは対空効果があまり期待できないので小中J攻撃に注意する事。

【近距離】
近距離技で一番発生が早いがガードされると微不利な弱K、弱Kより1F発生が遅いがガードされても大丈夫な屈弱Kを使っていく事になる。ここから(屈弱K×2)>弱K>スライディング>必殺技の流れに持っていく。通常技がヒットした場合ダメージをとりたい時はゲージ使用コンボ、攻めを持続させたい時は弱トルネード>弱K>弱ベノムの連係を使うと良い。通常技がガードされた場合は弱ベノムに繋いでいく。GC前転をされると反撃をくらうので相手のゲージがある場合は弱Kやスライディングで止める選択肢も必要。弱K、屈弱K共に下段で相手としてはしゃがみガードが安定行動となる為しゃがみガードで様子見する相手も多い。そういう時には通常投げが有効で連係を見越して固まってる相手には積極的に狙っていくと良い。通常投げを挟む事で相手は動きたくなり、結果として弱Kや屈弱Kが刺さり易くなる。

【対空・切り返し】
ノーゲージでの無敵技がない為ラッシュに持ち込まれると非常に弱い。なので完全に追い込まれる前に状況に応じた技で対応するのが理想。絶対的に万能で使える技はなくどれも一長一短なので性能は理解しておきたい。
  • EXサプライズローズ(発生3F、2ゲージ使用)
無敵時間がある技の中では一番発生が速く無敵も長いので対空としての信頼度はかなり高い。技の軌道の関係上地上の相手への割り込みには多少使いづらい。コマンドの関係上とっさに出しにくい。
  • サプライズローズ(発生4F、1ゲージ使用)
対空としての信用度は高め。EXサプライズよりも攻撃判定が小さいので割り込みには不向き。1ゲージ対空の中では一番ダメージが高い。EXサプライズ同様とっさには出しにくい。
  • EXトラップショット(発生5F 、1ゲージ使用)
対空、割り込み両方に使える。ドライブゲージがあれば弱トルネード>強トルネードで追加ダメージをとりつつパワーゲージも多少回収できるという利点がある。ガードされると隙が大きい。見た目通りの攻撃判定で頭上付近の攻撃への対空にはむかない。
  • EXトルネードキック(発生10F、1ゲージ使用)
前方に突進していくため多少離れた相手にも決められるが発生は無敵技の中で一番遅い。勢いよく突進するため対空として使う場合タイミングがあわず空振りする事があるが、その場合は相手との距離が離れるので隙が大きいわりには反撃は受けづらい。割り込みで使用してガードされた場合は確実に反撃をくらう。
  • GCふっ飛ばし攻撃(1ゲージ使用)
全キャラ共通の安定した切り返し行動。ダメージは期待できないが端でラッシュをかけられてキツイ思いをするくらいなら…、と割り切って使っていく。端で出した場合、自分の位置は端のままなので当てた後はなるべく前に出ておきたい。
  • 遠強P(発生4F)
遠めの対空として使用。その場合は手の先端を相手のJ攻撃の先に当てる感じで使う。攻撃判定自体は強くはない。やられる事も多いが先端当てが基本なので距離を守っていれば手痛い連続技などをくらう事はまずない。
  • 屈強P(発生5F)
通常対空としては高性能の部類。腕を伸ばしきった状態が対空としては最高の状態となるので早出しを心がけるようにする。通常および大J攻撃はなるべくこれで落としたい。しゃがんだ状態から手を伸ばすだけなので伸びあがる系のアッパーよりリーチは短い。通常技なので当然無敵はなく起き上がりの対空などには当たり前だが使えない。
  • スライディング(発生12F)
遠めの対空として使用。足先を相手のJ攻撃に合わせるように使う。間合いを間違えるとあっさり潰される。距離を見誤った場合のリスクはかなり高め。
  • 垂直J弱K&垂直J強K&垂直Jふっ飛ばし攻撃
置き対空。弱Kは横に強いがダメージが低い。J強Kは下に強いが上をとられると弱い。Jふっ飛ばしは攻撃位置が変わるので、対空になる出始めの方を当てるのには慣れが必要。

【相手が画面端での通常投げを絡めた攻め】
通常投げは受け身不能で相手が頭を自分の方に向けて倒れるという特徴がある。相手が画面端で強P投げを決めた場合前転、遅めの前転、小J攻撃、中J攻撃などで立ち位置を惑わせながら攻める事が出来る。攻めのパターンの一つとして覚えておくと良い。

難敵対策

雑記


■EXトラップショットについて
必殺技性能部分でも述べてあるがEXトラップショットは画面端を背負った場合と背負わない場合
それぞれで ヒット後の吹き飛び密着間合いに若干違いがある
※おそらく一段目ヒット時の下がりが壁のおかげで普段より下がらないためか?
なのでEXトラップヒット後に技によっては追撃できる場合と追撃できない場合が生じるので注意。
その中でも大きく関わる技は ダブルストライク EXサプライズローズ である。
強ダブルストライクは画面中央なら追撃は可能だが画面端からでは追撃が入らない(弱の場合は一段目しか当たらない)
逆にEXサプライズローズは画面中央では追撃は入らないが画面端背負いトラップショットからの追撃の場合は入る
難易度は高くなるがこのEXトラップショットの性質を踏まえてゲージ状況に応じたドライブキャンセルの技選定をすれば
できるだけ最大ダメージを稼ぐことが可能にはなる。
とくに画面端で追い詰められた場合のキングは切り返しにEXトラップショットかEXトルネードキックに
どうしても頼らざる負えないので端切り替えしからのダメージ発展コンボとして頭にいれておくとリードしやくはなる

■各種空中ベノムストライクについて
空中ベノムストライクは発射後その場で停滞または後ろに下がり着地する性質の技である
地面に着地するまでは硬直は解けないので 高い位置で発射するほど全体硬直は比例して長いもの になる。
逆に低めで発射すればそれだけ着地が早くなり全体硬直も短くなる。その場合追撃が間に合う状況が生じる。
画面端付近背負い時の発射は壁のおかげで後ろに下がることが抑えられ相手との距離が縮まり
中央位置よりも追撃が可能な技が増える
これを踏まえドライブキャンセルEXベノムストライクを画面端で必殺技を当てたさいは独自のコンボ発展が可能

ここからはEXベノムとセットでEXトルネードキックのことを記述する
コンボ発展の一例としては各種トルネードキックからのドライブキャンセルが一番影響があり
特に画面端背負いEXトルネードキックからの ドライブキャンセルのコンボ発展、ダメージアップの恩恵がでかい。
そして上記のEXトラップショット同様、EXトルネードキックは画面端からの切り替えし技として重要な技の一つでもある
EXトラップショットと違いEXベノムストライクとの絡みの影響が一番でかいのでそれぞれの切り替えし技を当てたさいの可能なコンボルートとして意識してもらいたい

1P側キングの相手画面端方向に通常投げのあとすぐに前転または前ジャンプすることで裏に回ることが可能だが
2P側キングの相手画面端方向に通常投げの場合、 前転のみ が裏に回ることができない


+通常技性能解説

通常技性能解説

通常技

Ca:キャンセルの可否 連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可
Ca 解説
弱P ◯・連 打点が高くジャンプ防止になるがあまり使わない。
大門、ライデン、マキシマ以外のしゃがみ状態に当たらない。
弱K 発生4Fで下段にしてはリーチがある。牽制や連続技の繋ぎなどに使う。
強P 連続技の繋ぎに使う。アッパー気味の攻撃ではあるが攻撃判定が全体的にかなり短くジャンプ攻撃当てて繋げる際スカる場合も稀にある。
発生4Fストレートパンチでリーチもあり使い勝手が良い。ジャンプ防止、対空、牽制、追い打ちなど用途は多彩。
大門、ライデン、マキシマ以外のしゃがみ状態に当たらない。
強K ◯/◯ ヒット確認が容易な2段ハイキック。連続技の繋ぎとして使いやすい。
出は若干遅めなハイキックだがリーチが長く使いやすい牽制技でジャンプ防止にもなる。
屈弱P ◯・連 しゃがみパンチ。ガードされてかなりの有利フレームはとれるものの基本あまり使わない。連続技の繋ぎにはなる。
屈弱K 下段技。連打キャンセルがきくのでここから弱Kに繋いでいく。
屈強P 通常技にしては対空性能は高いしゃがみアッパー。
過信は禁物だがタイミングを間違えなければ一方的に負ける事はあまりない。
屈強K 下段だが出が遅くリーチもない為あまり使わない。メリットはダウンさせられる事くらいしかない。
使用用途としては複合入力を使った緊急回避狩りや空振りキャンセルベノムストライク用などに
J弱P あまり使わない技。一応空中必殺技のキャンセルがかかる。
J弱K - 数少ない横方向に強いジャンプ攻撃で空対空用の技。
J強P あまり使わない技。空中必殺技でキャンセルがかかる。
J強K - 下方向に強く持続も長い。めくりも狙える。跳び込む時はこれを使う。
吹っ飛ばし 出が特に速いわけではないが足元のくらい判定が薄くリーチもある為使い勝手は悪くない。
J吹っ飛ばし 振り下ろす蹴りを繰り出す為攻撃範囲が広い。空対空として使いやすい。
通常投げ - 強P投げは前方、強K投げは後方に投げる。画面端に追い込む際に使いわけよう。
受け身不可能の強制ダウン。

特殊技

Ca 解説
スライディング 低い姿勢で滑り込みながら蹴る下段攻撃で牽制として使える。先端当てならば単発で出しても比較的反撃されにくい。
ここからベノムストライクを撃っていくのがパターンの一つ。
滑り込む動作のおかげで距離が離れにくく連続技の繋ぎとしても非常に使い勝手がいい。

+必殺技性能解説

必殺技性能解説

Bt:ボタンの入力 共:弱強共通 Ca:キャンセルの可否
技名 Bt Ca 解説
ベノムストライク 硬直が短めの飛び道具で発生や弾速は遅めで一定の距離で消失する
弱より発生と弾速が速いが硬直は長い。こちらは消失せず下がられても端まで届く
EX 2ヒットする弾速が速い飛び道具で通常の飛び道具を貫通する。
発生は強ベノムと同程度だが硬直は短く、近距離でヒットすれば中央でも追い打ちができる。
ベノムストライク(空中) - 空中で弾速が遅めの飛び道具を放つ。撃った後は真下に着地する。こちらも同じく一定距離で消失する。
撃った後に後ろ斜め上方向に飛ぶ。弾速は弱より速く当たった相手はダウンする。地上版と同じく端まで届く
EX 地上版と違い実は1ヒット技だが性質自体は変わりない
撃った後に後ろ斜め下に飛ぶ。弾速は空中ベノムの中で一番速く通常の飛び道具を貫通する。着地までの時間も短い。
ジャンプ攻撃カウンターヒット、トルネードキックヒット(からのドライブキャンセル)などの空中やられ相手を拾える判定がつく
トラップショット
ロックタイプの技で最初のバク転部分がガードされると残りの蹴りは出ない。
足元のやられ判定が薄かったり若干の吸い込み能力があったりするものの、
隙が大きめでガードされると危険なのでそれらの効果を狙って出す事はあまりない。連続技専用。
EX 通常版と違い無敵時間があるので対空や割り込みに使えるが隙も通常版より大きいので注意が必要。
ノーマル版と違い最後の蹴りでの吹き飛びの浮きが若干変わっており追撃が入らない技が生じるので注意
ドライブゲージがある場合はDC弱トルネード>強トルネードで追撃すると良い。
ちなみに画面端背負ってる時と背負ってない時のEXトラップショット後の追撃性質が変わっており普段は入らないスーパーキャンセル、
ドライブキャンセル技が端背負いでは入ったり、その逆も生じる場合があるので追撃時は注意(例:EXトラップショット→SCEXサプライズローズなど)
トルネードキック'95 回転蹴りを出す2段突進技。発生は強やEXより遅く移動距離も短めで若干上方向に回転する。食らい判定を残したまま浮くため追撃ができるが空中やられ相手は拾えない。
しゃがんでいる相手には2段目が当たらないので注意
弱より威力が高く真横に回転し遠くまで突進するので連続技に使いやすい。奇襲にもなるが隙は大きいので注意。こちらはしゃがんでる相手に2段目が当たる
EX モーションは強と同じで発生は若干遅めだが出始めに無敵時間が付くため対空や割り込みに使える。が隙が大きいのでガードされると手痛い反撃を受ける。
サプライズローズ 膝蹴りを出しつつ若干斜め上ぎみに上昇、下降時に踏みつけを繰り出す。
上昇時と下降時のそれぞれに相手をロックする部分があるが上昇時のロックは外れる事もある。
無敵時間があるためひきつけめであれば対空などに使える。
EX 通常版と踏みつけ部分の演出が異なる。こちらは真上に上昇し通常版より無敵時間が長く出も早い。
ダブルストライク - 強化されたベノムストライクを2発撃つ技でたいていEX系の飛び道具も貫通できる。連続技に組み込んで使う。弱強ともにヒット後追撃判定が残るため当て位置によってはその後追撃が可能な場合がある。
※ベノムストライクからSCはヒットしベノムが画面にない状態かつ後ろを向いてる状態時でのみSC可能(空ぶりSCが不可)要はベノム近距離ヒット時SC対応
用途は弱と同じだが弾速はこちらの方が速い。※ベノムSCは上記と同じ
N ベノムショット - - 軽く飛び上がって斜め下方向に無数の弾を放つ技。1F発生で出始めに若干無敵がある。弾の部分が必ず発射されるようになり一方的に潰される事はほぼなくなった。
発生の早さを生かした反撃技として使えなくもないが、ヒット数が安定せず驚くほど当たらないこともあるので注意が必要。画面位置関係なく各種トルネードキックヒットから余裕で追撃が間に合う。
サプライズローズからMCで出す場合は一定のヒット数が見込める。ちなみに空中振り向き属性あり

+技解析

技解析

Hit:ヒット数 Dmg:ダメージ ()内:小ジャンプ時のダメージ Stn:スタン値
G段:ガード段 全F:全体フレーム 発生:発生フレーム
Ca:キャンセルの可否  連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可

通常技

Hit Dmg Ch Stn G段 全F 発生 無敵 硬直差 Ca 備考
弱P 1 25 3 ◯・連
弱K 1 30 3
強P 1 70 7
1 80 7
強K 2 40/45 8/4 上/上 ◯/◯
1 80 7 -
屈弱P 1 25 3 ◯・連
屈弱K 1 30 3
屈強P 1 70 7
屈強K 1 80 7
J弱P 1 45(40) 3 -
J弱K 1 45(40) 3 -
J強P 1 72(70) 7 -
J強K 1 70(68) 7 -
吹っ飛ばし 1 75 10
J吹っ飛ばし 1 90(80) 8 -
GC吹っ飛ばし 1 4 0 -
通常投げ - 100 3 -
スライディング 1 65 6 -
スライディング(キャンセル版) 1 40 4 -

必殺技

Hit Dmg Ch Stn G段 全F 発生 無敵 硬直差 Ca 備考
ベノムストライク 1 65 6
1 65 6
EX 2 70/70 0/0 上/上
ベノムストライク(空中) 1 60 6
1 60 6
EX 1 120 5
トラップショット 5 0/20×4/80 0×5
EX 8 0/20×6/80 0×8
トルネードキック'95 2 30/30 6/6 上/上
2 60/60 8/8 上/上
EX 3 55/55/55 0/0/0
サプライズローズ 15 10/10/0/12×11/48 0×15
15 10/10/0/12×11/48 0×15
EX 19 330 0×19
ダブルストライク 2 105/105 0/0 上/上
2 105/105 0/0 上/上
N ベノムショット 17 30×17 0×17



  • テンプレの順番に変更、コメント欄追加、通常技の説明追加。 -- 名無しさん (2011-12-24 22:51:39)
  • 技解析追加、キャラ概要一部プロフページに移動。実験。 -- 名無しさん (2011-12-25 14:33:12)
  • 必殺技の説明書いたり、基本コンボちょっと足したり。 -- 名無しさん (2011-12-29 20:24:12)
  • 基本戦術を追加。 -- 名無しさん (2012-01-22 22:43:40)
  • トラップショットのコマンドが違うよ。正しくは623K -- 名無しさん (2012-02-19 03:06:54)
  • ↑修正した。さんきゅ。 -- 名無しさん (2012-02-19 10:29:00)
  • 必殺技性能解説を追加。 -- 名無しさん (2013-05-16 12:44:32)
  • 基本戦術部分の雑記更新 -- 名無しさん (2013-05-18 18:23:08)
  • 飛び蹴りする -- 名無しさん (2014-02-09 12:09:47)
名前:
コメント:
添付ファイル