マレー沖海戦_SW

マレー沖海戦-BATTLE OF OFF MALAY-


歴史的背景

マレー沖海戦(マレーおきかいせん)とは、太平洋戦争の初期の1941年12月10日にマレー半島東方沖で、日本海軍の航空部隊(一式陸攻、九六式陸攻)とイギリス海軍の東洋艦隊の間で行われた戦闘。

日本軍はイギリス海軍が東南アジアの制海権確保の為に派遣した戦艦2隻を撃沈し、この方面での初期作戦上で大成功をおさめた。また、当時の「作戦行動中の戦艦を航空機で沈めることはできない」との常識をくつがえし、世界の海軍戦略である大艦巨砲主義に影響をあたえた。
<Wikipediaより>


戦闘の流れ


戦力

イギリス軍

  • 陸上兵器
ヘッドフォートトラック
M3A1装甲兵員輸送車
5インチ砲
ボフォース M1936
6ポンド対戦車砲
ユニバーサルキャリアー

  • 海上兵器
巡洋戦艦 フッド
キング・ジョージV世級戦艦 プリンス・オブ・ウェールズ
駆逐艦 ジュノー

  • 航空兵器
フェアリー ソードフッィッシュ(水上機型)

日本軍

  • 陸上兵器
九四式六輪自動貨車
九七式中戦車チハ
九九式軽機関銃

  • 海上兵器
吹雪型駆逐艦 吹雪
吹雪型駆逐艦 白雪
補給艦津波

  • 航空兵器
一式陸上攻撃機

コメント

  • 敵の戦艦も破壊するのも重要だけど、左下の陸の場所も占領することが重要! -- 名無しさん (2009-04-28 12:52:10)
  • むしろ海より陸のほうがはるかに重要 -- 名無しさん (2009-04-28 20:59:35)
  • 陸って結構、面積が小さいけど占領しないと大変なことに・・・ -- 名無しさん (2009-05-11 15:56:28)
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -

最近の更新

取得中です。