レマーゲン_SW

レマーゲン-REMAGEN-





歴史的背景

ルーデンドルフ橋 (独:Ludendorffbrücke)はドイツのライン川に架かり、レマーゲンとエルペルを結んでいた鉄道橋。
この橋は第二次世界大戦末期の西部戦線において唯一破壊されずに残っていたライン川を渡れる橋だったため戦略上重要な地点となり、
ドイツ軍とアメリカ軍の間で争奪戦が行われたことで有名。1969年にはこの場所を舞台とした戦争映画"レマゲン鉄橋"が公開された。
近くの町の名前に因んだ「レマーゲンの橋(Brücke von Remagen、The bridge at Remagen)」の名で呼ばれることも多い。

1945年3月7日、アメリカ第1軍の第3軍団第9機甲師団の兵士がランバージャック作戦(Operation Lumberjack)中にライン川に架かる2本の無傷の橋を発見した。
一つはレマーゲンのルーデンドルフ橋、もう一つはヴェーゼルの鉄道橋だった。
ドイツ軍は橋を爆破しようとしたものの、ルーデンドルフ橋は爆薬の量が不十分[1][2]であったために、橋は落橋せず、アメリカ軍が同日4時5分に橋を確保した。
橋が残ったことは連合国で「レマーゲンの奇跡」と呼ばれ、アイゼンハワーは「橋の重さ分の金と同じ価値がある」と言った。
橋はドイツ軍の爆破のために酷く損傷していたが、24時間の間に約8,000人のアメリカ兵がライン川を渡った。

ドイツ軍はあらゆる手段を講じて橋の破壊を試みた。
オットー・スコルツェニー武装親衛隊中佐は配下の特殊部隊「フロッグマン」をライン川に潜らせ爆破を試み、空軍は連合軍の制空権下にジェット爆撃機Ar234を投入し、
V2ロケットを11発も打ち込んだが落橋させることが出来なかった。しかし鉄橋は1945年3月17日午後3時過ぎ、200人の工兵による補強作業中に崩落、死者28名、負傷者93名を出した。
アメリカ軍は既に対岸に橋頭堡を確保し、平行して浮橋を完成させており、軍事作戦への影響は最小限であった。

<Wikipediaより>







マップの特徴


戦闘の流れ



アメリカ軍




ドイツ軍



戦力



アメリカ軍



  • 陸上兵器


  • 海上兵器


  • 航空兵器


ドイツ軍


  • 陸上兵器


  • 海上兵器
無し

  • 航空兵器


コメント


名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -

最近の更新

取得中です。