BF1942サーバのたて方(その5)

BF1942サーバのたて方(その5)


Linuxでサーバを立てる


LinuxでBF1942のサーバはWindowsとは違って、OSのバージョン問わず安定かつ負荷が低い等のメリットが有ります。
しかし、Windowsでのサーバ用ファイルが充実しているのとLinuxでの導入が難しいなどがあって導入に躊躇すると思います。
このページでは、Linuxでサーバを立てるための解説をしますが、BFSMはGUI環境でないため、BFRMの導入・設定も合わせて解説します。
導入解説はwindowsに準拠します

0章 ポートの開放

無効にするのが一番楽ですが、サーバを公開するということは外部にグローバルIPアドレスをさらすということと同義であることを忘れないでください。

ルーターを使用している場合、外部との通信を行うために一部の通信ポートを開放(通信許可)する必要があります。
さらに、ルーターに外部との通信を許可するPCを定義してやる必要もあります。
ルーターの説明書を参照して以下の通信ポートを開放(通信許可)し、ルーティングの定義を行う必要があります。
  • UDP 14567 (Game Port)
  • UDP 14690 (ASE Port)
  • UDP 22000 (Game Spy InterNET)
  • UDP 23000 (Game Spy LAN)
  • TCP 14667 (BFSM Port) 
  • TCP 4711 (Remort Console Port)
  • ICMP (ping) ←ルーターに設定項目がない場合は無視して良いです

1章 サーバソフトウェアを入手する

以下のLinuxサーバ用ファイルをダウンロードします。

Linux用DecicateServerファイル


Battlefield 1942 Server Manager


Battlefield 1942 Remote Manager (Win32、128人化対応版)


2章 ソフトを導入する

1章のファイルを全て導入したら、インストールをします。これらのファイルはホームディレクトリにあるとします。
今回はユーザー名を『bf42』とします。

  • bf1942_lnxded-1.6-rc2.runを実行します
./bf1942_lnxded-1.6-rc2.run

  • アップデートファイルを上から順に解答します
tar xvzf bf1942-update-1.61.tar.gz
tar xvzf bf1942_lnxded-1.612-all_clients.tar.xz

  • 生成したbf1942ディレクトリへ移動します
cd bf1942

  • BFSMを解凍し、生成された以下のファイルを移動させます
tar xvzf ../BFServerManager201.tgz
mv bfsmd /usr/bin
chmod 755 usr/bin/bfsmd
mv useraccess.con mods/bf1942/settings
mv servermanager.con mods/bf1942/settings

  • 一旦スタンドアロンサーバを起動した後、quitで止める
./start.sh +status Monitor 1
# quit

次に、servermanager.conとuseraccess.conの以下の部分を編集します。

servermanager.con

game.serverIP 192.168.0.1 #サーバのローカルIPアドレス
game.serverPort 14567
manager.enableRemoteConsole 1 #BFRMからのアクセス 1:許可 0:拒否
manager.consoleUsername "admin" #BFRMからのアクセスへのログイン名
manager.enableRemoteAdmin 1 #BFRMからの管理者接続 1:許可 0:拒否
manager.consolePassword "Password" #BFRMからのアクセスへのパスワード

servermanager.con

コンマで区切られた最初の部分に上で設定したログイン名『admin』
次の部分は上で設定したパスワード『password』

これで、BFRMからのアクセスの設定は終わりです。

  • サーバディレクトリでBFSMDを起動する
bfsmd

  • BFRMが導入されたPCからBFRMを起動しサーバへアクセスする。
サーバ名、サーバのローカルIPアドレスとポート、ログイン名、パスワードを入力し接続出来たら、WindowsのBFSMと同様に使うことが出来ます。

3章 サーバーリスト表示に対応する

GameSpyの終了に伴いサーバー側もサーバーリストに対応するための設定をしなければなりません。
今回はhostsの書き換えでの対応を解説します。

  1. hostsの権限を変更する
chmod 744 /etc/hosts

  1. テキストエディタで『hosts』に以下を追記する。
109.71.69.254 master.gamespy.com

  1. hostsの権限を元に戻す。
chmod 644 /etc/hosts

これでクライアント側のサーバーリストに表示されたと思います。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -

最近の更新

取得中です。