あまのじゃっく 新ジャンル「駅前食堂のメグ」vol01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新ジャンル「駅前食堂のメグ」
1 VIP足軽y 2006/11/22(水) 14:13:43.20 ID:eisSC1xpO

(ガラガラ チリンチリーン)

メグ「あ!!いらっしゃーい!」
男「お、今日も繁盛してるなw」
メグ「ありがとっ。はいお冷やね!何にする?」
男「そうだなー。んじゃ肉野菜」
メグ「肉野菜定食ね!りょーかいっ!」
客A「おーいメグちゃんー。醤油空だよー!」
メグ「あ、はーい!ただいまー!」
男「若いのに毎日1人でよくがんばってるな」
メグ「・・・惚れた?」
客B「お!妬けるねぃ兄ちゃん!」
男「ちょwww」
客C「メグっち1人じゃ大変だろうなぁ~。いやよくやってるが」
客B「最近ぶっそうだし若い女の子1人じゃ心配だしな。
   誰か支えになってやれる旦那でもいればなぁ~」
メグ「・・・(チラ・・・)」
男「定食は?」
メグ「い、今作ってるんだから待ってなさい!!」
男「は、はい!」
客C「あはははは!こりゃいいや!」
客B「もう尻に敷かれてるじゃないか!ははは」
男「(メグの旦那かぁ)」

3 だんご屋のはる 2006/11/22(水) 14:14:48.30 ID:4jJ4GBU50
どうしても無敵看板娘が浮かんでしまう

10 高校の女教師 2006/11/22(水) 14:25:00.65 ID:eisSC1xpO
夜は居酒屋なので客層も店のフインキも変わる。

(ガラガラ)

メグ「あら、珍しいじゃない。夜来るなんて」
男「あ、あぁ。」
メグ「何にする?」
男「生で」
メグ「うん」

メグ「はいどぉぞ」
男「サンキュ」

男「どうしたんだ?」
メグ「・・・何が?」
男「なんか元気なさそうじゃないか?」
メグ「わかる?」
男「すごく」
メグ「悩みの多い年頃だからねー・・・」
男「そっか・・・」

※他の客の相手をしながらだから2人でじっくり話してるわけじゃないです><

11 駅前食堂のメグ 2006/11/22(水) 14:27:39.78 ID:WS5YHj7EO
……

14 高校の女教師 2006/11/22(水) 14:45:17.71 ID:eisSC1xpO
──お客さんも引いてきた時間帯

男「(ちょっと飲みすぎたかな?)」
メグ「ねぇ、そろそろまずいんじゃないの?」
男「んー?」
メグ「帰れなくなっちゃうよ?」
男「うん。そぉかもー」
メグ「もう!」
男「メグー・・・」
メグ「何よ」
男「好きー・・・」
メグ「な、バカ!アホ!トンマ!酔い覚ましてから言いなさい!(///)」
男「・・・そーする」
メグ「明日休みなんだっけ?」
男「そうだけど」
メグ「はい、これ飲んで」←烏龍茶
メグ「もう店閉めるから今夜は上で寝てきなさいよ」
男「・・・ありがとー」
メグ「(本当に酒弱いのね。なんで突然こんなに飲み出したのかなコイツ)」

メグ「ほら、このベッド使っていいから!落ちないでよ?」
男「あい」
メグ「あたし片付けしてくるからねー」
男「メグー」
メグ「ん?何?」
男「好きー・・・」
メグ「バカ」

メグ「・・・あたしもよ」

15 VIP足軽y 2006/11/22(水) 14:56:36.61 ID:eisSC1xpO
~朝~

男「・・・。ここはどこだ?」
 「・・・えーと、昨夜はメグの店で久しぶりに酒を飲んで、店を出て電車に乗って」

(ムニ)

メグ「やん」
男「電車に乗ったとこまでは覚えてるんだがその後は・・・」
メグ「誰が電車に乗ったのよ」
男「うわ!メ、メグ!え、あ、うそ?」
メグ「ウソじゃないわよ」
男「えーと」
メグ「帰れそうになかったから泊めたげたの」
男「えーっ!!」
メグ「あ、寒!ちょっと布団引っ張らないでよ!」
男「あ、あの。俺何かした?」
メグ「した」
男「・・・何を?」
メグ「いろいろ」
男「えーっ!!」
メグ「ちょっと、うるさいー。もうちょっと寝かせてよぉ」
男「あ、あぁ」
(ぐい)
メグ「どこ行くのよ」
男「とりあえず布団から出ようかと」
メグ「ダメ。寒いから。しばらく湯たんぽ代りになってて」
男「・・・はい(///)」

17 はぐれVIPPER 2006/11/22(水) 15:09:14.41 ID:uRZxN8LJO
ベタな展開だがwktkするお

18 はぐれVIPPER 2006/11/22(水) 15:22:40.47 ID:eisSC1xpO
メグ「はい、どぉぞ。お醤油と塩はそこにあるからね」
男「あ、サンキュ」
メグ「(モグモグ)ね、さっきの話だけどさ?」
男「?」
メグ「ゆうべは何もなかったよ」
男「何だそっか」
メグ「安心した?」
男「どうかなー」
メグ「でも胸触られた。思いっきり。ここ」
男「え!ご、ごめん」
メグ「別にいいけど♪減るもんじゃないし」
男「そ、そっか・・・」

メグ「お母さんが死んじゃって、あたし1人で店やるようになってもう2年経つんだなぁ」
男「早いよなぁ」
メグ「ちょうどその頃だったよね。あなたが初めて店に来たの」
男「ああ。俺がここに配属されて2年だからな」
メグ「仕事慣れた?」
男「お陰さまで」
メグ「毎日ガンバってるよね!」
男「うん。そしてお前もガンバってる」
メグ「えへへ」
男「そろそろ店開ける時間じゃないのか?」
メグ「今日はパス。デートしよ?」
男「いいんかい。急に休んで」
メグ「人生には仕事より大切な物があるの」
男「?よくわからんけどまぁいいか。オッケー」
メグ「よし決まり!」


19 はぐれVIPPER 2006/11/22(水) 15:39:24.30 ID:eisSC1xpO
男「んで、どこ行くんだ?」
メグ「どこでも!」
男「オイ」
メグ「適当にぶらつくだけでもいいし。お家賃もあるから派手な事はできないけど」
男「俺が出すよ。それくらいならある」
メグ「だーめ。あたしが誘ったんだから。多分あんたよりはあたしのが持ってるはずだし・・・」
男「(ぐさ)あ、あぁ」
メグ「あ、ごめんねw」
男「べつに気にしてねーし」
メグ「ならいいけど。あ、服買いたいな!あと今夜の食材!」
男「デートと見せかけて荷物運びさせる気だな?」
メグ「やだなぁそんな事ないんね?」
男「いいよ。一宿一飯に報いなくちゃバチ当たるし」
メグ「やっさしー!じゃ今夜も泊まってく?」
男「本気にするからやめてくれ」
メグ「冗談じゃないのに。あんたも家賃大変じゃないの?」
男「・・・確かに」

22 VIP足軽になりたい 2006/11/22(水) 16:04:40.30 ID:zeZceQozO
ライバルのパン屋と八百屋と犬と鬼母とバカの出番はまだですか

23 愛のセーラー戦士 2006/11/22(水) 16:22:50.00 ID:eisSC1xpO
~夜~

メグ「あんた明日仕事なんだからあんまり飲んじゃだめよ」
男「わかってるよ」
客B「そーいや兄ちゃんゆーべは平気だったんか?ずい分飲んでたが」
メグ「全然平気じゃなかったから泊めたの」
客C「な、なにぃ~!?」
客B「こりゃあ・・・めでたいwww」
男「何がスかw」
客C「何がってなぁー」
客B「責任問題だよなあ」男「あのー意味がよく・・・」

(ガラガラ)
足軽「おぃーす!」
メグ「あ、いらっしゃーい」
客B「お!ライバルの登場だな!」
男「・・・ライバル?」
客B「そーいや君は知らないんだよな」
客C「彼は足軽君っつってな?駅前の広告代理店大手に勤める若きエリート」
客B「メグちゃんの事を狙ってんだよ。負けんなよっ」
男「メグを・・・!」



25 愛のセーラー戦士 2006/11/22(水) 16:34:26.50 ID:eisSC1xpO
足軽「メグちゃん、しばらく」
メグ「こんばんは、足軽さん!はい」←お通し
足軽「いつもので(ニコッ)」
メグ「うん!」
男「・・・(クビグビ)」
足軽「メグちゃん、今夜店閉めたらちょっと話があるんだけど時間取れるかな?」
メグ「え・・・?(チラ)」
男「・・・(プイッ)」
メグ「(ムカ!)いいよっ。」
男「(ブチ)・・・な!」
足軽「ちょっとヤボ用があってね、ラストまではいられないんだ」
メグ「どうするの?」
足軽「店閉めたらここにTELしてよ」
メグ「うんわかった。またねー。ありがとぉございましたぁ」
男「おい」
メグ「(うわ、やっぱ怒ってる)・・・何?」
男「何だよ今の」
メグ「足軽さん」
男「名前なんか聞いてねえよ」
メグ「だ、だから。付き合いよ付き合い」
男「付き合ってるのか?」
メグ「ち、ちが!」
男「ふーん、分かった」ガタッ
メグ「あ、帰るの!?」
男「あぁ」
客B「に、兄ちゃん。泊まって行かないのか?」
男「俺の家はここじゃないですし。はい。釣りはいいや。ごっそーさん」
メグ「あ、ちょ・・・!もう何よ。感じ悪いなぁ」
客C「ま、仕方ねーやなw青春ってヤツだわwww」
メグ「はぁ・・・」

26 VIP女神 2006/11/22(水) 16:43:44.12 ID:LJW9eW/n0
メグタン想像図
http://vipdeekaku.run.buttobi.net/cgi-bin/src/up1593.jpg

026_up1593.jpg
27 花魁 2006/11/22(水) 16:50:22.60 ID:ISTE+Orz0
う…うまい……

28 VIP足軽wwwww 2006/11/22(水) 16:51:27.83 ID:eisSC1xpO
~閉店後~

メグ
「もぉ何よあいつ。ヤキモチならヤキモチってはっきり言えばいいのに。
 あれ、さっきの番号書いた紙・・・あ、あったあった。え~と
「もしもし。あ、足軽さん?終わったわよ。なに話って
「うん。いいよ。10分くらいで出れると思う。じゃあねーはーい・・・(ピ)


~近くのラーメン屋台~
足軽「あ、おーい!」
メグ「あ、おまたせー」
足軽「お疲れ。何飲む?」
メグ「じゃあ生いただこっかな」
足軽「おじさん、生。大ジョッキで」
オヤジ「おうよ!」
メグ「・・・で。話って?」
足軽「その前に乾杯だ」
メグ「うん!何に?」
足軽「そうだな。この満天の星空に、でいいかい?」
メグ「キレイねー・・・」
足軽「じゃ、カンパーイ!」
メグ「カンパーイ!」
オヤジ「カンパーイ!」

オヤジ「いいねぇ~お前さん達。とてもお似合いだ」
足軽「だそうですよ?」
メグ「ありがと!おじさん」


29 VIP村人XL 2006/11/22(水) 16:56:16.91 ID:KnVYhk1VO
ワクテカワクテカワクテカ

31 悲しい一人暮らし 2006/11/22(水) 17:05:49.55 ID:eisSC1xpO
足軽「メグちゃん、さっきの話なんだけど」
メグ「うん?」
足軽
「今度、今いる支店を任される事になったんだ。今の僕は仕事も何もかもが充実している。だが1つだけ足りない。
 それが君なんだ。メグちゃん!結婚してくれ!
 今の僕なら君を何不自由なく養ってやれる!あんな大変な仕事もさせない。
 君には君らしく、女性らしく人生を歩んでもらいたいんだ。 僕の妻として。
メグ「え、そんな急に言われても・・・」
足軽「あ、そうだね。ちょっと焦ってしまったみたいで。ごめんね」
メグ「い、いえ」
足軽「だがぜひ前向きに考えておいて。絶対後悔させない。僕にはその自信がある」
オヤジ「姉ちゃん、そいつはいいヤツだぞ。
 「おらぁ35年!ここで毎日!1日たりとも休まずにここでラーメン回し続けた。
 「いろんな客を見て来た。その俺が言うんだから間違いねえ。
 「そいつはキメル時にはキメル男だ。どうかコイツを支えてやってくんねえかな?

メグ「・・・考えててみます。だから、お返事は」
足軽「急がないでいいんだ。ゆっくりと考えて欲しい」
メグ「はい・・・」
オヤジ「おめぇも急ぐんじゃねーぞw」
足軽「ははは・・・」

33 だんご屋のはる 2006/11/22(水) 17:11:43.07 ID:RKI9qmwU0
おいおい波乱の展開に目が離せねーよ

36 VIP足軽の子 2006/11/22(水) 17:36:37.78 ID:eisSC1xpO
~翌日、昼~

メグ「いらっしゃー・・・!」
男「ちわー・・・」
メグ「・・・昨日はごめんね?」
男「お前が謝る事ない。悪いのは俺だし。あ、モツ定ね」
メグ「う、うん」
客B(ヒソヒソ)「やっぱ重いな」
客C(ヒソヒソ)「そらなー・・・」
メグ「おまたせ」
男「で、昨日の話はなんだったんだ?」
メグ「あ・・・」
客B「!!!!」客C「・・・あっさり聞いたなw」
メグ「あのね?」男「うん」
メグ「プロポーズ・・・」
3人「ブーっ!!!」
客B「ニラレバ噴いたwww」
客C「カレーうどん噴いたwww」
男「・・・で?」
メグ「いや、だから・・・」
男「受けたのか?」
メグ「受けてないよ!」
男「・・・断ったのか?」
メグ「それはまだ・・・」
男「ふーん」
メグ「あ、そーゆーんじゃなくて!」
客A「おーいソースが空だよー!」メグ「あ、はーい!」
男「・・・。」

37 VIP足軽y 2006/11/22(水) 17:40:59.15 ID:bO806Tm10
A空気嫁wwwwww

39 愛のVIP戦士 2006/11/22(水) 18:20:22.63 ID:eisSC1xpO
男「ごちそーさーん」
メグ「あ、待って!」
男「ん?」
メグ「夜、来る?」
男「夜?
メグ「うん。今夜」
男「(来いって意味か?)あぁ。来るよ」
メグ「うん。待ってるからね」
客B「おもしろくなって来たなニヤニヤ」
客C「俺も若返りてーやなぁ」
客B「俺としたらあの兄ちゃんを応援してーよなぁ」客C「確かになあ!」
メグ「どうして?」
客B「そりゃ誰がどう見てもそうだよ」
客C「俺らみてーな平リーマンで足軽の応援するヤツはいねーわなぁ」
メグ「・・・そーゆー事ねw」

40 愛のVIP戦士 2006/11/22(水) 18:24:12.25 ID:eisSC1xpO
~夜~

(ガラガラ)

男「お疲れー」
メグ「あ、早いわね!」
男「早く切り上げてきた」
メグ「そっか。開店準備もう少しだから座ってて。何か飲む?今日はあたしのおごりだよ」
男「とりあえずコーヒーで」
メグ「らじゃ!」

メグ「ふ~!よいしょ」←横に座る
男「お疲れ」
メグ「ありがと!」
男「・・・あの足軽ってヤツ、何なんだ?」
メグ「3ヶ月くらい前から来るようになったの。夜だけ」
男「お前はどう思ってんの?」
メグ「どうって、いい人だけど。好きとか付き合うとか考えた事はなかったわ」
男「あいつはお前が好きなんだろ?」
メグ「うーん」
男「今さ、好きな人っていないのか?」
メグ「好きな人?」
男「そう」
メグ「あんたは?」
男「え」
メグ「あんたから言ってよ」
男「俺は・・・」
メグ「おれは・・・?」


42 VIP足軽MS 2006/11/22(水) 18:40:38.52 ID:eisSC1xpO
男「俺は、あいつと結婚した方がお前は幸せになれると思う」
メグ「・・・はぁ?」
男「いいとこ勤めてるらしいし稼ぎもいいって聞いたぞ?」
メグ「・・・」
男「チャンスなんじゃないのか?」
メグ「・・・そんな事聞いてないでしょ?あたしはあんたが誰が好きなのかを聞いたの」
男「・・・」
メグ「何か言いなさいよ」(ガラガラ)
客B「お!兄ちゃん早ぇなぁ~!」
客C「おっとお邪魔だったか?www」

メグ「あ!いらっしゃーい!」
メグ(ね、今日は・・・)
男(うん、わかった。帰る)
(ガラガラパタン)

客B「あ、おい、帰っちまうのか?」
客C「あちゃあ、すまなかったなーお2人さん」
メグ「ううん、違うの。そうじゃなくて、ちょっとけんかしちゃって・・・」
客B「そうかー。煮えきらねえなぁお前さん達は」
客C「ま、今日は帰った方が利口かもな。足軽が来そうな曜日だしな」
(ガラガラ)
足軽「・・・どうも」

客B「お、ニアミス」
客C「危なかったなw」

43 VIP足軽gif 2006/11/22(水) 18:47:40.10 ID:fl2169Hi0
wktk

44 VIP足軽MS 2006/11/22(水) 18:56:57.61 ID:eisSC1xpO
メグ「足軽さん、あの」
足軽「あぁ、いいんだ。今日はお客として来たんだから。催促したいわけじゃない」
メグ「ごめんなさい」
足軽
「はは、ごめんなさいか。返事の際に聞きたくない言葉だね
 そうならないようにアプローチも兼ねて、ね?」
客B(相変わらずいけすかねえ野郎だな)
客C(悪いヤツじゃねーんだがなぜか好きになれん)
足軽「メグちゃん、今度どこか食事に行かないかい?」
メグ「食事に?」
足軽「とても雰囲気の良いフランス料理店があるんだ」
メグ「でもお店が・・・」
足軽「君の空いている時でいい。予約制だから都合のいい時間がわかったら僕の携帯に連絡してもらっていいかい?」
メグ「・・・うん」
足軽「より良い返事を戴くために僕の事を少しでも知ってもらいたいんだ」
メグ「そ、そうね」


客B(メグちゃん押しに弱ぇなぁ)
客C(しっかりしてても女の子だからなぁ・・・)

45 ただの戦士 2006/11/22(水) 19:07:14.86 ID:eisSC1xpO
~閉店後、メグ自室~

(ドサッ)←ベッドに倒れこんだ


 ふぅ。つっかれたー!
 足軽さんがあたしと結婚・・・あたしが足軽さんに好かれてる。
 実感わかないなぁ・・・。
 あたしはどうするのが一番いいのかな。
 足軽さんと結婚して専業主婦?
 誰とも結婚しないでお店を続ける?
 それとも・・・。
 
 あいつと話したいなぁ。
 そういえばあたしあいつのケー番もアドレスも知らないんだ。
 営業中じゃゆっくり話もできないし。
 またうちで酔い潰れてくれるのを待つしかないのかなぁ。
 声が聞きたいな。
 何考えてるのか教えて欲しい。
 あいつの本音が知りたい・・・!


46 はぐれVIPPER 2006/11/22(水) 19:12:56.33 ID:H9kMpqIYO
わくてか

48 VIP村人q 2006/11/22(水) 19:17:45.71 ID:KcxhZjHC0
足軽のクセにフランス料理か、ケッ

背伸びしやがって・・・可愛いじゃねえか・・・

50 VIP足軽e 2006/11/22(水) 19:27:31.91 ID:XxxTZeF50
懐かしい匂いがする
悪くない

51 VIP皇帝 2006/11/22(水) 19:27:50.22 ID:eisSC1xpO
それから二週間。
男は駅前食堂に姿を現さなかった。


客B「メグちゃん、落ち込んでんなぁ」
客C「空元気もいいとこだよなぁ」
客A「メグちゃーん、七味も空だよーっ」
メグ「は、はーい!ごめんなさーい!」
(ガラガラ)
メグ「・・・あ!!」
男「・・・やあ」
客B「お!」
客C「やっとおでましか!」
男「久しぶり」
メグ「(グスッ)・・・何してたの?今まで」
男「ごめん」
メグ「寂しかった・・・!」
(ぎゅ!)
男「メグ・・・」
メグ「バカバカバカバカ」
客A「メグちゃーん?七味・・・」
客C「うるせぇ!!」
客B「ちっと黙ってろ禿げ!」
男「メグ、プロポーズは?」
メグ「そんなのとっくに断ったよ!」
男「そっか・・・ごめんな。俺、怖かったんだよ。お前を取られるのが。失うのが」
メグ「あたしも怖かった!」
男「俺、もう逃げねえよ。メグ、好きだ。俺と結婚しろ」
メグ「・・・うん!」


53 棒またぎ姫 2006/11/22(水) 19:29:31.20 ID:j1iXOekP0
客BとCがイイ

58 VIP村人y 2006/11/22(水) 19:38:48.36 ID:rQGXT2GtO
かけそば思い出すな

60 花魁 2006/11/22(水) 20:05:40.92 ID:5/jNs9xq0
居らぬか……誰か居らぬか……ふむ、煽ってみよう。不肖、援護仕る。


メグ「いらっしゃいませ~」
男「ども」
メグ「あ、また来てくれたんですね」
男「安くて美味い。これ以上の理由があろうか」
メグ「有難う御座います。特別サービスでお冷多めにしときますね」
男「うわぁ、あんまりサービスになってなーい」
メグ「じゃあ、ほっぺにちゅう、とかのほうがいいんですか?」
男「うん」
メグ「もー、冗談ですって~」
男「だろうと思った。取り合えず生姜焼き定食、おねがい」
メグ「かしこまりました~」
男「はは、元気な娘だ」
メグ「お待ちどうさまです~」
男「早いな」
メグ「愛をこめて、大急ぎです」
男「はは、ありがとう」
メグ「ごゆっくりどうぞ~」
男「……なぜ、向かいに座る?」
メグ「今日はもう上がりなんですよ」
男「ジロジロ見られると、食べづらいんだけど……」
メグ「ふ~ん、そうですか♪」

 さぁ、参られよ、職人ども

61 VIP村人P 2006/11/22(水) 20:08:15.35 ID:vq2kvSQnO
>>60
参りました
ごめんなさい
許してください

63 VIP足軽の子 2006/11/22(水) 20:16:18.52 ID:zmrQSND0O
いいな、このジャンルは

65 VIP足軽になりたい 2006/11/22(水) 20:22:02.81 ID:eisSC1xpO
~その夜~

メグ「あんたも鈍いわよねー。全然気付かないんだもん」
男「いや、気付かなかったわけじゃないけど。自信なかったし」
メグ「ま、いいけどねー。」
男「そーいや足軽はどうなったんだ?」
メグ「食事に誘われてね、その時に断ったのよ。最初は落ち込んでたけど割とさばさばしてたわ」
男「それから来てないのか?」
メグ「次の日にあいさつに来てそれっきり」
男「そっか」
メグ「常連さん1人いなくなって寂しいわぁ」
男「む!」
メグ「あはは、冗談よ!」
男「メグ、お前はもう・・・」
メグ「あんたのモノ。」
男「そ、そう!(///)」
メグ「ふふ、ふつつかモノですけどこれからよろしくお願いしますっ」
男「こちらこそよろしくっ」

メグ「あ、今夜からここに住みなさいよね。アパート引き払って」
男「ああ。引っ越しだな」
メグ「あ、その前にあんたのアパート行きたいかも」
男「え!?」
メグ「ゴミ箱チェックするだけで許してあげる」
男「そ、それだけは許して!」
メグ「だめー♪言っとくけどこの部屋じゃ1人遊びは禁止なんだからねーっ」
男「えーっ!」


    ~END~

68 VIP足軽flash 2006/11/22(水) 20:28:41.06 ID:n7YweJSf0
「1000までいくスレが良スレか?」
こう聞かれたとき、私は胸をはってこう答えることが出来るだろう。



 どのレスまででもいい。読んで「良かったと思える瞬間があった」
これが良スレだ。 と。

>>1 GJ


69 壷ふりお京 2006/11/22(水) 20:31:09.07 ID:RKI9qmwU0
>>68
客B「わかってるじゃねーか兄ちゃん」

74 VIP足軽dca 2006/11/22(水) 21:43:01.00 ID:y1UQtMe90
ほとんど興味本位で書いてみた。

だんご屋のはる

はる「はあ……いいなあメグさんは。あたしも幸せになりたいなぁ」
悲しい一人暮らし(以下一人)「……幸せ?」
はる「うわああああああっ!! な、何奴っ!?」
一人「客ですが。むしろ常連ですが」
はる「なんだ、一人さんか。いきなり独り言にツッこまないでよ……もー」
一人「だんご粉を捏ねながらブツブツ言ってる人を放置するのもどうかと」
はる「うっさい。あんたに食わせるだんごなんかないやい。帰れ帰れ!」
一人「アナーキーなだんご屋だなあ……」

がらがら ~ドアの開く音~

棒またぎ姫「ここ和菓子屋さんかしら? 贈答用のお菓子とか置いてらっしゃる?」
はる「あ、えーと……うちはだんごオンリーなんですけど。でもでも、品数や味には自信が……」
棒またぎ姫「なあんだ……どうりでせせこましい店構えだと思ったわw」
はる「(カチン) ……あの、もし宜しければ味見して頂けませんか? その上で、うちの」
棒またぎ姫「結構よ。お店のお得意様にそんなみっともないお団子渡せますか」
はる「…………みっとも……」
一人「そですね。ここのだんごをそんな用途に使うのはお勧めできませんw」
はる「っ! ……ひ、ひとりさんまでそんな……」
棒またぎ姫「あら、貴方もそう思います?w」
一人「ええ、そりゃもう。ここのだんごは、あなたやそのお得意様に食べさせる
   には勿体無いくらい美味しいですからw」
はる・棒またぎ姫「………え?」

75 VIP足軽dca 2006/11/22(水) 21:43:51.44 ID:y1UQtMe90
一人「どーせ味なんかわかんないんでしょ? そこらのコンビ二でポッキー
   でも買ってったらいいんじゃないですか? あ、プリッツでも可w」
棒またぎ姫「し……失礼なっ!」

がらがらっ ぴしゃん ~ドアの閉まる音~

はる「ていっ! ていっ! 二度とくんなー」
一人「はるちゃん何してんの」
はる「見ればわかるでしょ、お塩まいてるの!」
一人「それ砂糖じゃね?」
はる「うああああああっ! アリの通り道を作ってしまったー!」
一人「……ま、いろんな人がいるからねえ。気にしない方がいいよ」
はる「ねえ……あのさ………さっき言ったの、本心?」
一人「さっき? ああ……確かに僕は、アナーキーなだんご屋だって思ってるよ」
はる「さっきじゃない! それ全然さっきじゃないから!
   『ここのだんごは美味しい』って言ったこと! どうなの?」
一人「そうじゃなかったらこんなに頻繁に買いにこないって」
はる「んふ………そ、そっかな? ホントに美味しい?」
一人「というわけで、よもぎとみたらしとごまを一本づつ下さい」
はる「……………えへへ……毎度っ!」


続け

83 VIP足軽flash 2006/11/22(水) 23:19:09.78 ID:y1UQtMe90
はる「んー………とはいえ。なんかこう掴みきれない人なんだよね」
壷ふりお京「掴みきれない? あんたのこの、うしちちみたいにか? (ぐわしっ)」
はる「うひゃあああああっ!! 京さんタンマタンマ! も、揉まないでーっ!!」
壷ふりお京「ああ妬ましい妬ましい。何食ったらこんなにでかく柔らかく育つのか」
はる「ん…ふぁっ……くゥっん……ゃぁ………先っぽ摘んじゃ、ゃだ、ぁ……」
壷ふりお京「……(いかん、ヘンな気分に) まあ、軽いセクハラはこれくらいにしておいて」
はる「軽くなかったよ! すごく淫猥な指使いだったよ!」
壷ふりお京「(無視) ところでその一人くんという朴念仁は、何か明確に意思表示してきた
      ことは無いの? 『はるちゃんの○んごを串刺しにしたい』とか」
はる「○には何が入るのーーーっ!!??」
壷ふりお京「だ、に決まってるじゃないの。やだわ、このコったら……」 
はる「くっ……あたし一人をエロい子扱いしてっ……」
壷ふりお京「とにかく、だんご売る、だんご買う、だんご売る、だんご買うの繰り返しなわけね?」
はる「ま、まあ……有り体に言えば……そんだけ」
壷ふりお京「それフツーにだめじゃない? そこで試合終了じゃない?」
はる「で、でもでもっ! 嫌な人にひどいこと言われたとき……かばってくれたり、とか……」
壷ふりお京「経緯はさっき聞いたけどね。そのひと純粋に
      あんたの作る  だ  ん  ご  が  好きというセンは?」
はる「う゛っ」
壷ふりお京「美味いだんごさえあればそれでいいんじゃ? あんたはだんごのオプションでは?」
はる「う゛う゛う゛っ」
壷ふりお京「むしろあんたに告ってくることがあったとしたら
      だんご確保の為では、という疑いをもってかかった方がよくない?」
はる「………………そ、そうだったのかあ………ちっくしょう……あのだんごフェチめっ!」
壷ふりお京「(……洗脳しやすいなあ) その怒りを忘れないで。
      彼奴めが来店した時が勝負よ! マホカンタ!!」

84 VIP足軽flash 2006/11/22(水) 23:19:46.38 ID:y1UQtMe90
~数日後

一人「ごめんくださーい。……あれ? はるちゃん居ないのかな」
愛のセーラー戦士?「ばかめ。奴は死んだわ」
一人「あ、居た。えーとね、今日は……」
愛のセーラー戦士?「い、居たってなにさっ! あたしは愛のセーラー戦s……」
一人「そんな凶悪な胸元の女の子を他に知りません。
   うわあ……はるちゃん、セーラー服の胸がぱっつんぱっつんだよ?」 
愛のセーラー戦士?「うん……高一の頃のだからかなりきつくて……じゃないっ!
          はるなどという女は知らぬっ! 故にだんご屋は開店休業CHU!」
一人「………はるちゃんに用があって来たんだけど」
愛のセーラー戦士?「ふんっ。どうせだんご絡みでしょ。伝言なら聞いておくけど?」
一人「んーと、ね。知り合いがこの近くに小さなレストラン開いたんで。
   もし良かったらはるちゃんと一緒にそこで食事でも、と思ったんだけど……」
愛のセーラー戦士?「………む?」
一人「勿論僕の奢りだし、その後もし時間があったらはるちゃんの観たがってたSAW3も……」
愛のセーラー戦士?「し、しばし待たれよ。はるとやらに伝えてくる!」

どたどたどたどた

はる「や、ややややっ? 一人さんじゃないスか! さっき愛のセーラー(ry
   から聞いたけど、あたしすっごい暇してたからさあ行こうやれ行こう!」
一人「……(くすっ)」
はる「うっ……な、なにその笑いは……呆れた、の?」
一人「んーん。喜んでもらえてよかったなあ、って」
はる「………き、着替えてくるねっ! (脱兎)」

88 VIP足軽mp3 2006/11/22(水) 23:24:16.53 ID:qFGaVAMd0
>>84
wktくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」

91 VIP勇者 2006/11/22(水) 23:35:52.08 ID:edlAzuT8O
メグって40代のおばさんだと思ってた

93 VIP盗賊 2006/11/22(水) 23:39:14.72 ID:PwOV4phQO
寧ろメグは28歳未亡人。
って方が萌える

94 内藤ホライゾン 2006/11/22(水) 23:41:02.63 ID:RKI9qmwU0
それだと小料理屋って感じじゃん?
若いのに俗世間に揉まれながらも健気に頑張ってるのがいいんじゃないか

95 壷ふりお京 2006/11/22(水) 23:41:51.89 ID:j1iXOekP0
>>94
禿同



NEXT
新ジャンル「駅前食堂のメグ」vol02



添付ファイル