あまのじゃっく 新ジャンル「駅前食堂のメグ」vol03


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新ジャンル「駅前食堂のメグ」
183 VIP足軽flash 2006/11/24(金) 00:42:23.92 ID:unLpwYrA0
はる抱き締めてえぇぇぇえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

186 駅前食堂のメグ 2006/11/24(金) 00:44:55.76 ID:tXpUs23+0
呼ばれた気がした

187 VIP村人j 2006/11/24(金) 00:45:32.12 ID:G9ZMoLLQ0
把握。ならば、今少し……援護仕る。


はる「こんにちわ、男さん」
男「ん、ああ、はるちゃんか。店以外で会うなんて、奇遇だな」
はる「たまの休みですから、少し散歩です」
男「コンビニで会うのも、妙な話だけどなぁ」
はる「よくあることですよ。それより……それって、お昼ですか?」
男「いや、晩飯。昼飯はまだだけどね」
はる「……健康じゃなさそうです」
男「うまいよ。ペヤング」
はる「自炊とかは、なさらないんですか?」
男「料理には向いてないんでね」
はる「やらなきゃ、上達しませんよ」
男「ふむぅ……」
はる「なんでしたら、お手本でも?」
男「え、作ってくれるのか?」
はる「い、いえ……駅前の食堂で御一緒、というのは……」
男「ああ、そういうことか。いいね。いこう」
はる「はい、お供します」
男「しかし……言いにくいけど、ひょっとして着痩せする?」
はる「どこ見てるんですか……もう」
男「いや、いつもは着物に割烹着だからなかなか気付かなかったけど……男だったら目が行くと思うな」
はる「もっと厚着してくるんだった……はぁ」

 保守保守

188 VIP村人o 2006/11/24(金) 00:48:03.89 ID:s798n4ACO
>>187
GJ!!
漏れも援護したいが文章力ないのでスマソ

189 VIP村人k 2006/11/24(金) 01:04:40.53 ID:G9ZMoLLQ0
ぽっちゃりなのか、それとも細身にメロンなのか……きょぬうなら、ちょっと肉付きがいいほうが、バランスはいいよね。

男「ふぅ、食った食った」
はる「なんだか、すいません。奢って頂いて……」
男「いいよ。こっちばっかり得する訳にはいかないしさ」
はる「得、といいますと?」
男「普段着のはるちゃんなんて、いつもは見られないし」
はる「ヘンですか?」
男「いいや。割烹着もいいけど、こっちもいいなぁって」
はる「あ、ありがとうございます……」
男「でも、あんまり薄着だと、ちょっと目のやり場に困るかもね」
はる「もう、やめてください。恥ずかしいんですから」
男「損する事も少なそうだけど」
はる「あるんです!」
男「そうなの……解らん世界だ」
はる「きっと、解ってもらえないと思います」
男「はは……ところではるちゃん、甘いものは好き?」
はる「へ、はぁ、まぁ……これでも団子屋の娘ですから」
男「公園でクレープ売ってる」
はる「売ってますね」
男「何がいいかな?」
はる「そうですね、私のオススメは──」
男「じゃ、行ってくる」
はる「え、ちょ……もう」

 続き考えてないから無理ですよ?

192 VIP村人k 2006/11/24(金) 01:42:47.40 ID:G9ZMoLLQ0
男「こんちわ」
はる「いらっしゃいませ、男さん」
男「今日はちょっと、贈り物を頼みたいんだけど……」
はる「あ、はい……そういう季節でしたっけ?」
男「婆ちゃんがな、ここの草団子が好きで……もう直ぐ誕生日だからさ」
はる「へぇ……優しいんですね」
男「俺、お婆ちゃん子だったから。親父より強い人だから、尊敬してたし、実家に行ったときはよく昔話を聞きに行ったもんだよ」
はる「素敵なお婆さんですね」
男「そういや、はるちゃんの婆ちゃんは? ……ひょっとして、もう」
はる「いえ、元気ですよ。ここから少し離れた本舗の方に、隠居しておいでです」
男「へぇ、さぞや偉い人なんだろうな」
はる「そうらしいですね。厳しい人だと聞いてましたけど、私はよくしてもらいました」
男「やっぱり、家業を継ぐのか?」
はる「……私はどうでしょう。あんまり工房には入ったことがなくて……お弟子さんのほうが上手ですよ」
男「ふぅん……と、これでいいかな?」
はる「たしかに。では、郵送の手配をしておきますね」
男「大学には行くのか?」
はる「……反対が出なければ、専門学校のほうに行ってみようかと」
男「出ても行きそうな感じだな」
はる「そのときは、手伝ってください。常連のよしみで」
男「なんだそりゃ。手伝うったって、俺、普通の会社員だよ?」
はる「宿を貸していただく程度で、いいですよ。多くは望みません」
男「……何考えてるんだ。ていうか、深く考えずにそういうことを言わないの」
はる「深く……あ、い、いえ、そう言う意味では……」

 現在、保守人は頭が回っておりません。御注意ください

200 VIP村人q 2006/11/24(金) 02:09:15.51 ID:sb2/ERz2O
投下したい時が投下する時!
関係無いけど新ジャンル料理のまとめとかないですかね?

門番の娘「あ、こんにちは」
男「こんち~」
門番の娘「今日も来てくれたんですね」
男「まぁ、通らなきゃいけない理由も有るし……」
門番の娘「手形が無いと通せませんよ」
男「……それ、どうにかならない?」
門番の娘「なりません」
男「ケチ……」
門番の娘「どうして、そんなに向こうへ行きたいんですか?」
男「俺を、待ってるヤツがいるんだ」
門番の娘「っ!?」
男「弟が病気でさ、薬届けなきゃなんだけど……気が付いたら門ができてて……」
門番の娘「な、なるほど……弟さん、ですか……」
男「あぁ、たった一人の家族でさ」
門番の娘「へぇ……よろしければ弟さんのお名前を教えて頂けません?」
男「VIP魔王」

201 VIP村人q 2006/11/24(金) 02:19:57.77 ID:s798n4ACO
はる「いらっしゃ……あぁ男さん」
男「よ、久しぶり。元気か?」
はる「私は相変わらずですよー♪男さんは変わらないですね」
男「はる………また少しデカくなってないか?」
はる「えっ……って何見てるんですか////」
男「こんなに俺を挑発して!!もう我慢ならん!!」
はる「ちょっと…やん……ぁん////」
男「団子屋のくせにマシュマロなんて卑怯なり」


やるだけやった
エロ小説になっちまう

202 VIP足軽neet 2006/11/24(金) 02:28:29.94 ID:fZX4cennO
>>200>>201
GJ! 弟の名前、すごいな。
うん、エロもいいものですね!君ならやってくれると確信していたよ。


204 VIP村人q 2006/11/24(金) 02:48:24.88 ID:s798n4ACO
はる「胸ばっか見ないで………もっと私を見て!!!」
ギュッ
男「////………む、胸が…当たって///」
はる「バカぁぁ……」



213 水汲みおしち 2006/11/24(金) 07:55:50.80 ID:sFX+Hw14O
はる「はぁ・・・また胸大きくなっちゃった・・・」
はる「こんなにあっても重いだけなのに・・・でも男さんは・・・」
モミモミ
はる「んぅ・・・はぁん、あん・・・」
ガラガラッ
男「はるちゃんみたらし二t・・・ちょ・・・///」
はる「ぇ・・・き、きゃぁぁぁぁぁぁぁ!」


はる「す、すいません大声出して・・・」
男「まぁこっちにも非があるし・・・」
はる「そんな!悪いのはこんなとこでこんなこt・・・こんな・・・///」
男「ま、まぁいいもの見れたからこっちは全然構わないって」
はる「・・・男さんのバカ・・・」

228 VIP村人f 2006/11/24(金) 14:11:12.15 ID:tw2FzPn30
卿らの保守は、とくと見た。さて、少し遊ぼうか。


はる「こんにちわ、男さん」
男「ん、ああ、最近よく会うな」
はる「あまりお店にも立ってないので、休憩も多いんですよ」
男「店に立ってない? どういうこと?」
はる「私これでも三年生ですから」
男「ああ、受験な。専門学校、許してくれたのか?」
はる「はい。やっぱり、ずっと売り子をやれる仕事ではないので……それに、勉強して損は無い筈ですから」
男「そっか。でも、勉強って看護師にでもなるつもり?」
はる「いえ、料理学校です。やっぱり団子屋の娘ですから、食品のお仕事をやりたいんです」
男「なるほど、それで勉強か……」
はる「一人暮らしの準備をしなきゃいけません」
男「え、遠いの?」
はる「近くですよ。隣の県ですが」
男「……へぇ。団子屋のはるちゃんも、もうすぐ見納めになるのか」
はる「ふふ、寂しいですか?」
男「寂しいな。団子買いに行くたび、はるちゃんに会うのが楽しみだったし」
はる「──もう、からかわないで下さい!」
男「からかっちゃいない。本心だよ」
はる「こういう形で未練が残るのは、少し意外です」
男「そういうもんさ。こういうのは」


 ほすほす

229 VIP村人f 2006/11/24(金) 14:29:29.88 ID:tw2FzPn30
はる「はぁ、はぁ……また、会いましたね」
男「そっちは、会いに来たみたいだけどね」
はる「寒いですね」
男「そりゃ、雪もちらついてるし……でも、君は温かそうだ」
はる「……意地悪ですね。こう、これが最後かもしれないのに……」
男「あんまり会うと、未練が残る」
はる「とっくに残ってますよ。私、どうしても男さんに会わなきゃって思って、そしたらなんだか急いでしまって……」
男「そう。俺は別に」
はる「聞いてください。きっと、今を逃したら、次が無いから」
男「ごめん、これから仕事──」
はる「待って、聞いて!」
男「はるちゃん……離せ。こういうのは、よくない」
はる「なんでそんな、優しいんですか? 力尽くで振り払えば、私くらい」
男「女の子に怪我をさせるわけにはいかない。君は、これから忙しくなる訳だし」
はる「もっと、傷付けてくれれば、私にも諦めがついたのに……」
男「……女々しい奴だからね。惚れた気持ちが、一緒に傷付くのが怖かった」
はる「ずるいですよ。こんな時に、そんな遠回しに……私だって、私だって……」
男「引き止めるわけには、イカンだろ? 君の道を邪魔したくない」
はる「いくじなし……もういいです。もう少しだけ、こうしてていいですか?」
男「……休みが出来たら、会いに行く。いいかな?」
はる「私も、休みができたら、帰ってきます」
男「そのときは、もう離せないかも知れない」
はる「いいですよ。私も、そうかもしれないし……」


 ──おすまい

231 VIP番長 2006/11/24(金) 14:50:00.45 ID:W37XycO90
ヤバイ…これゲーム化したい…そんな時間があるほど暇じゃないって分かってるのに

239 駅前食堂のメグ 2006/11/24(金) 15:47:51.62 ID:NUBKMPHgO
めぐだけど質問ある?

240 VIP村人P 2006/11/24(金) 15:59:11.83 ID:sb2/ERz2O
>>239
名前欄変わったらどうするんですか?
あと、>>229がGJ過ぎる件について

247 VIP村人d 2006/11/24(金) 17:10:39.29 ID:SjyrUlPW0
水汲みおしちは居ないのね(´・ω・`)

248 VIP村人d 2006/11/24(金) 17:21:33.82 ID:zDHXQS0z0
一番最初、水汲・みおしちって読んでたなw誰だよ?とw

252 VIP神 2006/11/24(金) 19:42:29.74 ID:0vLCsy7H0
保守
適当ですまんwww
http://2ch-news.net/up/up30084.jpg

252_up30084.jpg
253 VIP魔法使い 2006/11/24(金) 19:48:01.52 ID:TEEkAqb7O
>>252
GJ!

256 VIP足軽b 2006/11/24(金) 19:55:01.82 ID:aA1PD3Tp0
ところでもう>>1はいないのか?

257 VIP村人l 2006/11/24(金) 20:08:04.62 ID:tw2FzPn30
来るかも知れんし来ぬやも知れん。

ともあれ、GJに御座いまする。

259 VIP村人XL 2006/11/24(金) 20:39:48.23 ID:JjzG3GI7O
>>252
お前メグよりハルの方が好きだろ

262 VIP足軽zip 2006/11/24(金) 20:57:42.26 ID:unLpwYrA0
はるは割烹着が似合いSOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!!

265 VIP村人m 2006/11/24(金) 21:12:41.30 ID:tw2FzPn30
何この、はる人気……だがそれもいい

267 VIP村人u 2006/11/24(金) 21:33:35.42 ID:kdQeLXyU0
VIP勇者


VIP魔王「遠いな……おい勇者、まだ街には着かぬのか?」
VIP勇者「いいから黙ってろ。それと、角とか牙とか絶対出すなよ?」
VIP魔王「その方が萌えるくせに。見た目12~3歳の美少女でなおかつ
     魔族なら、汝の特殊な性癖をピンポイントでギガデインであろう?」
VIP勇者「くっ……このガキ……人を変質者のように……」
VIP魔王「ふふふ。魔王の座を継承したばかりで、まだ何の咎も成してはおらぬから
    という理由で仮にも魔族の女王たる妾を見逃すのじゃからな……おかしな男じゃ」
VIP勇者「殺したり殺されたりはもう沢山だ。むやみにこの世界で暴れないなら
     お前をどうこうする理由も無いさ」
VIP魔王「お……勇者勇者、あれが街か? うわあ……大きいのう
     人がいっぱいおるのう。あやつらは食って良いのか?」 
VIP勇者「食うなっ!!」
VIP魔王「わあ……いろんなものが売っておるなあ……
     な、なあなあ勇者、アレはなんじゃ?(目をキラキラさせて)」
VIP勇者「(苦笑)……アレか? アレはな……」

~宿屋にて

VIP魔王「おお……これは勇者の家か? 妾の城には遠く及ばぬが、なかなか広いのお」
VIP勇者「あほ、これは旅の宿屋だ。ほれ、こことここの二部屋取ったから好きな方を使え」
VIP魔王「二つ取らずともよかろう。二人で眠るだけならこの部屋で充分じゃ」
VIP勇者「…………え゛?」
VIP魔王「あ、えーと、じゃな……アレじゃぞ? いつもお付きのサキュバスや
     ヴァンパイヤに一緒に居て貰えないと眠れないとか、そういうことではないぞ?」
VIP勇者「……そうなのか?」
VIP魔王「そ、そうとはなんじゃ。そうではない、と言っておる!」

268 VIP村人u 2006/11/24(金) 21:34:00.92 ID:kdQeLXyU0
VIP勇者「………じゃ、俺は床に寝るから。お前はそのベッド使って……」
VIP魔王「……………………………いっしょが……ぃぃ……」
VIP勇者「へ?」
VIP魔王「い、いっしょに寝ろ、と言っておるのだ! ばかっ!!」
VIP勇者「…………お前、そんだけ怖がりでよく魔王なんぞやってられたなあ……」
VIP魔王「ふ、ふんっ! よいか、隣で寝るだけじゃぞ! 不埒な真似は許さぬからな!?」
VIP勇者「……へーい…」

~翌朝

VIP勇者「ふあああぁぁ……まったく……寝た気がしないな……」
宿屋の女中「……………ゆっ、ゆうしゃ、さん……」
VIP勇者「ん? ああ、女中ちゃんひさしぶり。朝飯はもう出来て……」
宿屋の女中「…………ゆうべはおたのしみでしたね」
VIP勇者「え? おたのしみ、って……」
宿屋の女中「ゆうべはおたのしみでしたね」
VIP勇者「いやその、あの、これはそういうのとは違……」
宿屋の女中「 ゆ う べ は お た の し み で し た ね っ (涙目)」
VIP魔王「うおおお! い、いてつくはどうが妾を、妾をっ!! (飛び起きて)」

269 VIP村人h 2006/11/24(金) 21:43:28.34 ID:zDHXQS0z0
>>268
これはいいものだw

だが、これは幼女魔王だろ。どう考えてもwいいけどさw

270 VIP足軽dca 2006/11/24(金) 21:59:42.26 ID:aA1PD3Tp0
http://up2.viploader.net/pic2d/src/viploader2d159360.jpg
>>252を参考にメグの設定画とか描こうと試みたが途中で挫折
ちゅーか本当にこんなことしてるほど時間ないだろ俺・・・
誰か代わりにゲーム化してくれる有志はおらんのか・・・


270_viploader2d159360.jpg
271 VIP村人n 2006/11/24(金) 22:07:35.02 ID:tw2FzPn30
ひどい重さだな

272 VIP足軽t 2006/11/24(金) 22:08:31.11 ID:SRGZLzs/0
>>270
普通にGJ

時間のある時に頑張ってみてくれまいか?
絵が描ければいくらでも描くんだが、自分には無理だし

273 VIP村人n 2006/11/24(金) 22:13:58.38 ID:tw2FzPn30
やっと見れた。美しい。
GJ、GJに御座いまする。

282 VIP足軽neet 2006/11/24(金) 23:20:16.56 ID:D3Gp+Arf0
流れなんて知らない

チリンチリーン
一人「こんにちはー、はるちゃんいるー?」
はる「(パタパタ)私がいなかったら開店休業でしょうが」
一人「ま、そうだけどね」
はる「今日はどうしたの?」
一人「ん、いつも通りみたらしとしょうゆを二つづつ」
はる「はいはい、ちょっと待っててね」
一人「あとデートのお誘いかな」
はる「・・・え?」
一人「知り合いが映画のチケットくれたからね、いつもおいしいだんご食べさせてもらってるお礼も兼ねて」
はる「・・・」
一人「忙しいならいいんだけど」
はる「あ、うん、行く行く!」
一人「そう?じゃ今週の日曜に映画館の前でね」
はる「うん!あ、これおだんご」
一人「ありがと。
   じゃ、また来るよ」
チリンチリーン
はる「・・・誘う前に誘われちゃったな。
   ま、いいや。それより日曜はなに着ていこうかな♪」

続きなんて考えてない

283 VIP足軽utu 2006/11/24(金) 23:30:43.89 ID:SRGZLzs/0
>>282
ハルも幸せになってほしいよな・・・保守



NEXT
新ジャンル「駅前食堂のメグ」vol04