あまのじゃっく 新ジャンル「魔王日記」01_vol5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

絵倉庫はこちら
新ジャンル「魔王日記」絵倉庫


新ジャンル「魔王日記」
897 おせち(150㌦) 2006/12/13(水) 23:40:34.27 ID:dZdR63ZFO
>>1流のサプライズや!

(´;ω;`)ブワッ

898 黒豆(二粒) 2006/12/13(水) 23:40:39.25 ID:W5hNmeEKO
はたしてhappy endなのか?

907 魔王&勇者 ◆hPAjjoCLiI 2006/12/13(水) 23:43:08.84 ID:L+dgg3mE0
◇の月◇の日
魔王の住処

城を取り囲む漆黒の騎士達

魔王「(ついに来たか・・・。)」
魔王「ようこそ、我が居城へ」
騎士A「そなたが魔王であるか?」
魔王「いかにも」
騎士B「ならば我らがここへ来た理由もお分かりであろう」
騎士C「魔王、覚悟!!」

大地に響く蹄の音
勇者『待ったあああぁぁぁぁ!!』

全員「「「「「「「!?」」」」」」」
勇者『はぁ・・・はぁ・・・っ』
騎士B「そなたは勇者殿・・・。何故止めなさる?」
勇者『この者は確かに魔王だ。だが、決して人間に害など与えていない!
   滅ぼす理由がないはずだ!』
騎士A「何をおかしな事を・・・。魔は全て滅ぶべし。
   それ以外に何の理由があるというのです?」
勇者『それがおかしいと言うのだ!何故、無害な者を殺す!
   彼らは何もあたし達と変わらない。ただ普通に生きているだけなんだぞ!!』
騎士達(ざわざわ・・・ざわざわ・・・)
魔王「勇者・・・」
??「滅ばねば理由・・・。それは他ならぬ魔王自身が理解しておるだろう・・・」

908 魔王&勇者 ◆hPAjjoCLiI 2006/12/13(水) 23:45:15.41 ID:L+dgg3mE0
勇者『貴方は・・・司教様!』
司教「久しいな、勇者よ」
勇者『司教様!魔王が理解しているとはどういう事なのです!』
魔王「司教殿。構わない、私を討て」
勇者『魔王!!』
魔王「勇者が無理でも、貴方ならば出来よう。」
司教「・・・・・・・・・」
勇者『答えろ魔王!どういう事なのだ!』
魔王「・・・」
勇者『そうか・・・。わかった』

魔王の前に立ち背中を向ける勇者

勇者『お前が答えぬと言うのなら、あたしはお前を守るだけだ』
魔王「!」
勇者『さぁ来い!こいつには指一本触れさせぬ!!』
騎士A「皆の者、勇者殿はご乱心なされてしまったようだ。
   仕方がない。貴女も討たせて頂きます」

ガシャンと向けられる刃

司教「待ちなさい」
騎士A「司教様・・・」
司教「このまま理由を話さねば無駄な血が流されよう。
   魔王よ、それはそなたも望むまい?」
魔王「(コクリ)」
司教「勇者よ。魔王を滅ぼさねばならぬ理由だったな。
   彼はな・・・贄なのだ」


910 魔王&勇者 ◆hPAjjoCLiI 2006/12/13(水) 23:46:38.10 ID:L+dgg3mE0
勇者『に・・・え・・・?』
司教「そう。この世界に捧げる供物。
   そして勇者とは供物を捧げる事のできる唯一の存在。
   それが勇者と魔王なのじゃ・・・」
勇者『な・・・』
魔王「そして司教殿。貴方は先代の勇者だ。
   もう一度貴方に苦しめという事の重さ、重々承知している上で頼みたい。
   私を討ってくれ。」
勇者『魔王!!』
魔王「わかってくれとは言わぬ。だが私が滅びねばこの世界は崩壊してしまうのだ。
   勇者もその為に私を討とうとしたのだろう?」
勇者『違う!最初はそうだったかもしれない。
   でも今、あたしが滅ぼしたいのはお前を縛る魔王という肩書きだ!!』
魔王「・・・ありがとう、勇者。だが私の体も限界なのだ。
   贄とならなかったとしても、どの道私の体はもう長くはない・・・。
   同じ滅ぶなら、せめてこの世界の供物となりお前達を守りたいのだ」
勇者『ふざけるな・・・っ、何故お前が滅びねばならん!!
   贄なくして存在できぬ世界なら滅びてしまえばいい!!』
魔王「・・・困った事を言うな、勇者よ・・・。私とて滅びたくない・・・。
   もっと皆と過ごしたい。もっと・・・勇者と一緒に・・・居たいのだ・・・」
勇者『っ・・・・・・!』
司教「魔王・・・」
魔王「司教殿、最後にもう一つ頼みがある」
司教「なにかね・・・?」
魔王「私が滅びた後も、次代の魔王と勇者が生まれるだろう。
   だが、それが魔物と人間の争いの理由にはならぬはずだ。
   どうか、どうか争いのない平和な世になるよう勤めて欲しい・・・」
司教「・・・神の名の下、そなたの魂に誓おう」

912 魔王&勇者 ◆hPAjjoCLiI 2006/12/13(水) 23:48:10.60 ID:L+dgg3mE0
魔王「感謝する。
   さぁ、勇者よ。お別れの時間だ」
勇者『・・・魔王よ。あたしは勇者だ。
   勇者は魔を滅ぼす者。だからお前はあたしの手で眠りにつかせよう』
魔王「・・・ありがとう・・・」
勇者『だが、眠るのはお前だけじゃない。あたしも一緒だ』
魔王「なっ!ダ、ダメだ!!」

振り向き魔王を抱きしめる勇者

勇者『ふふ・・・こうしてお前を抱きしめるのは初めてだな。
   さぁ、もう離さぬぞ?』
魔王「勇者・・・・・・」
勇者『魔王・・・短い間だったがお前と過ごした時間。
   とても楽しかったぞ!』
魔王「ああ・・・、私もだ」

静かに呟きあう互いの名

2人『「・・・愛してる・・・」』

辺りに響く刃の音

そして───。

940 魔王&勇者 ◆hPAjjoCLiI 2006/12/13(水) 23:55:59.02 ID:L+dgg3mE0
─5 years after.─

○の月○の日
『パパといっしょにおべんきょうをした。
 むずかしいけどせかいをまなぶのはたいせつなことなのだ。
 それにパパはやさしいからおべんきょうもきらいじゃない。
 っていったらほめてくれた。
 うれしい。
 でもママがうらやましそーにみてたのがこわい。
 やれやれ。むすめにしっとしないでほしいものだ。
 しかたないから、あとでママともあそんであげよう。
 そういえば、まえにせんせーがパパとママはえらいひとだって
 いってたけど、とてもえらいひとにみえないのはどうしてだろう。
 でも、えらくなくてもあたしはパパとママがだいすきだ。
 とってもなかよしのパパとママがだいすきだ。
 これからもずーっとなかよくいっしょにいようね!』

                                 ~Fin~

942 年賀状(来なかった) 2006/12/13(水) 23:56:37.97 ID:j7h4TO1K0
>>940

え?

え?


どうなったの?
ハッピーエンド?

943 猪(子持ち) 2006/12/13(水) 23:56:51.89 ID:IKtJ5XvE0
>>940
次世代END!
ktkr!!

945 書初め(今年こそ素人デビュー) 2006/12/13(水) 23:57:20.26 ID:yA7dKGLB0
>>940
。・゚・(ノД`)・゚・。

946 猪(ピーマンきらい) 2006/12/13(水) 23:57:23.85 ID:cKqSb7/N0
あーすっきりした

>>1

950 猪(汗かき) 2006/12/13(水) 23:57:56.95 ID:erSaqROB0
ぬぅうぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。・゚・(ノД`)・゚・。
ゆーしゃとまおうはずっと一緒だぁぁぁぁぁぁ

951 ほうれん草 2006/12/13(水) 23:57:57.46 ID:5KsWKTx+0
       /ヽ       /ヽ
      /  ヽ      /  ヽ
     /     ヽ__/     ヽ
    /               \
   /    /        \  |
   |     ●      ●  |
   |.      U (__人__) U   |   悲しくないのに
   ヽ               /
   /               \     なぜか泣けてくる・・・
  /         ̄ ̄ヽ / ̄  ヽ
  ヽ_______/ \__/


962 コンニャク 2006/12/13(水) 23:59:19.19 ID:js5DPBl80
2人は世界を変えたんだよね?死ななくて済んでしあわせなんだよね?
よかった
>>1乙!保守がんばってた住人も乙

972 まさかの富樫 ◆hPAjjoCLiI 2006/12/14(木) 00:00:15.84 ID:xl2bUwWZ0
はい、これで正真正銘おしまいです。
最後に投下してよかったかどうかはわかりませんが、
とりあえず物語を完結させる事が出来て本当に良かったです。
賛否両論あるとは思いますが、あくまで素人の投下が終わったという事で。
気に入ってくれた方も気に入らなかった方も( ´._ゝ`)フーン程度でお願いします。
最後に。

支援してくれたみんな、ありがとおおおおおおおお゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
ノシ