Chris Hein Horns








イントロダクション

『Chris Hein Horns』は、従来のブラスサウンド・アンサンブルの表現力の限界を塗り替えるべく誕生した、待望のブラス専門音源です。最大の特徴は、一つの楽器当たり、4,500 ~ 6,000 もの膨大なサンプルを録音~プログラムし、様々なコントロール要素(レガート、リリーストリガーはもちろん、トリル、フォール、シェイクなどの奏法、エア・コントロール、リアル・ビブラートなどのサウンド・コントロールまで多種多様)と、多くのベロシティレイヤーを持っている点。実に多くの時間と費用をかけ、制作されたのです。
金管楽器特有の表現力
ブラス(金管楽器)本来の豊かな音の表情を、余す所無く表現する事を可能としています。例えばサックスなら、甘いバラードを演奏する時の" 優しげで魅惑的な"サウンドの傾向と、ハード・バップを演奏する時の激しいブロウや、荒々しい呼吸感は別物ですが、キースイッチ・プログラム一つで、それら音の表情を切り替える事が可能です。更に、空気感の操作や、息を吹き込む際の微細なコントロール性、リアリティを左右するビブラートの演出も、リアルタイムに変化させる事ができます。
繊細な表現~完璧な収録内容
ブレスノイズ一つにまで拘るような繊細な音の表現をも実現します。また、それらを含めると、驚くべき事にサックス、トランペット、トロンボーンなどのソロ演奏にまで完璧に対応できる実力を秘めているのです!! 全ての収録インストゥルメントは、実に入念にプログラムが組まれ、容量/コントロール要素共に最適化され収録されている為、様々な奏法プログラムを同時に読み込んで、本格的な表現が可能であり、直感的に、ストレスの無い「作曲作業」が可能となっています。
オールマイティで素直な音色
サウンドの傾向は、素直で様々なジャンルに溶け込む為、ブラス系のオールマイティ音源と呼んでも良いでしょう。多彩な表現力を求められる、ジャズ~フュージョンのリード楽器/中心的セクションとして、ポップス~ロックを華やかに演出するブラス隊として、または古き良きキューバ音楽、アフロラテン系の音楽、果ては古典的なブラスバンド・オーケストラ(吹奏楽)などにも良くマッチします。様々なシチュエーションをフォローするブラス音源の決定版としてご活用頂けます。
再生専用KONTAKT PLAYER(プレイバック・サンプラー)採用によるプラグイン、又はスタンドアロンでそのままご使用頂けます。 総容量:約3.5GB DVD-ROM 1枚組


搭載サウンド

収録楽器

  • アルト・サックス
  • テナー・サックス
  • トランペット
  • トロンボーン
  • トランペット・セクション

MIDI コントロールよるニュアンス調整

  • Growl:にごりを付加してワイルドな音色へクロスフェード。
  • Air:サウンドに" 空気感" を加える。
  • Spit:サウンドに鋭く短い一吹きを加える。
  • Topkicks:トランペットでは、強いアタックを加える。
  • Keys:サキソフォンではフラップ、トランペットではシェイク・サウンドを加える。
  • Dirty:発音にバラつきの有るデッド・ノートを散りばめる。
  • Breath Release:演奏者のブレス・ノイズを加える。
  • Real:サウンドをビブラート・パッチにクロスフェード。




名前:
コメント:

添付ファイル