NI-SPEKTRAL DELAY




その名のとおり、ディレイを徹底的に追求したプラグインエフェクト。





ソフトウェア バージョン履歴


公開日


主な特徴

  • あらゆるオーディオ素材に対して独特のリアルタイムFFTディレイ効果を作りだすことが可能
  • オーディオチャンネルごとに最大160バンドの周波数帯域を独立して制御可能
  • 直観的で分かり易いグラフィックユーザーインターフェイス
  • 周波数レベルでの様々なモジュレーション効果
  • リアルタイムフィルターカーブの自由なドローイング


NI-SPEKTRAL DELAY 1.5 新機能/バグフィックス

  • MIDI学習機能を搭載、コンピュータのキーボードによってサンプルをトリガーしたり、設定を操作するなどといった独特な使用方法が可能。
  • オーディオエンジンの改良により安定性が増し、より多くのサウンドカードやVSTホストアプリケーションでのスムーズな操作が可能となった。
  • 新たに、2つのフィルター・モジュレーションを追加。(Easy Filter / Razor)
  • グラフィカルなインプット、アウトプット表示。
  • スタンドアロンモードでのMIDIクロックの同期化。
  • より正確なテンポディレイ


対応インターフェイス・フォーマット


●VST 2.0 (Win/Mac) ●Audio Units (OS X) ●RTAS (OS X) ●DXi (Win) ●ASIO 2.0 (Win/Mac) ●Direct Sound (Win) ●Core Audio (OS X) ●Core MIDI (OS X) ●MAS (OS9)<非対応> ●Direct Connect (OS9)<非対応> ●OMS (OS9) ●Sound Manager (OS9)




名前:
コメント:

添付ファイル