※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ATMOSPHERE




豊富なライブラリが魅力。音色も幅広いので様々な音楽に使えそう。





ソフトウェア バージョン履歴


1.2 公開日


主な仕様

  • 約3.7GBのコアライブラリーによる、多彩で、圧倒的な音色群。
  • 「Distorted Reality」のエリックパーシングによる新作パッチ1000種類を収録。
  • 強力なシンセエンジンと、直感的に操作可能なインターフェース。
  • 2つのプログラムをレイヤー可能。組合せは1000 x 1000 = 100万種類。
  • 合理的に分類された音色フォルダメニュー。▲▼ボタンによる音色切替も、可能です。
  • 1つの画面に、必要十分なシンセ機能をまとめて搭載。
  • シーケンサーのソング情報で、セッティングをトータルリコール可能。
  • 各レイヤーにマルチモードレゾナンスフィルターを設定可能。
  • 2レイヤーにまとめてかかるマスターフィルターも装備。
  • 各レイヤーにピッチ/フィルター/アンプリチュードエンベロープを装備。
  • モジュレーションをマトリックスルーティング可能な4つのLFO。
  • カスタムメイドの32 bit UVI Engineを採用。
  • VST/MAS/RTASプラグインを同梱。Logic、Digital Performer、Cubase、Nuendo、ProToolsなどで、すぐに使えます。







名前:
コメント:
添付ファイル