※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Analog Factory




アナログ音源ですが、音色が豊富。





ソフトウェア バージョン履歴


1.0 発売日 2006/07/13


アナログ・ファクトリー の主な特長、基本仕様


  • 2000種類ものアナログ・シンセサイザー音色を搭載
  • すべてのプリセット音色は、アートリアが開発、再現してきた往年のビンテージ・シンセサイザー達(モーグ・モジュラー V、ミニモーグ V、CS-80V、アープ2600V、プロフェット V、プロフェット VS)のTAE®によるサウンド・エンジンを、それぞれの全く同等の状態で使用し再現していています。
  • スマートなプリセット音色の管理:楽器別、タイプ別(ベース、パッド、リード...)そしてキャラクター別(ハード、ソフト、コンプレックス、シンプル、ショート、ロング...)で素早い検索が可能です。
  • プリセット・リスト上では音色名、楽器、タイプ、CPU占有度合い、お好み音色、ユーザー音色を確認できます。
  • プリセット音色をエディトする際、最も重要なパラメーターがそれぞれのノブに独立して割り当てられています。(フィルター、LFO、プリセット音色ごとに違う4つの主要パラメーター、コーラスとディレイのミックス、ADSR形式のエンベロープ・ジェネレーター)
  • 8つのスナップショット・ボタン:音色の比較やバリエーション作成のために、8つまでスナップショットとしてすばやくストアできます。
  • ホストアプリケーション内のプラグインとしてはもちろん、スタンドアローンでも動作します。
  • 画面上でのスペースを有効的に活用できるように、プリセット・ブラウザー画面のみ、キーボード画面のみ、または両方の画面の3種類を選んで設定できます。
  • 数回のクリックだけで簡単に外部MIDIコントローラーのノブ、スライダーと「アナログ・ファクトリー」上のノブ、スライダーとの連携が可能です。
  • プリセット音色によっては、最大32音ポリフォニックでの演奏が可能です。




名前:
コメント:
添付ファイル